妊娠中に葉酸を摂取するのはなんで?

更新日:

妊娠すると葉酸を摂取するように勧められますよね。

産院で言われた事がある妊婦さんもいると思います(*´ω`*)
なぜ妊娠すると葉酸を摂取するように言われるのでしょう?
葉酸の役割って何?いつまで摂れば良いの??

 

葉酸が推奨されるのはなんで?

妊娠初期に葉酸を摂るのはお腹の中の赤ちゃんを先天性の病気を予防してくれる大事な役割を持っているのです。

赤ちゃん抱える先天性の病気の可能性は大きく2つ。
1つは「無脳症」です。

無脳症は脳の大部分が成長しない状態の事で約8割が死産となってしまいます。

もう一つは「二分脊椎」です。

二分脊椎は、本来脊椎の中にあるはずの脊髄が表に出てしまっている状態です。
葉酸を摂ることでこのような神経管閉鎖障がいと呼ばれる先天性の病気を予防する事ができます。
赤ちゃんの細胞が一番成長するのが妊娠12週までです。
妊娠12週までに必要量の葉酸を摂取するように推奨されているので、妊娠を考えている場合、妊娠前から摂取しておきましょう(*^^)

 

 

葉酸を摂取するのはいつまで?

妊娠12週目までに摂取する事を推奨されている葉酸ですが、妊娠に気付いた時がすでに12週…なんてことも多いと思います('_')
妊娠を望んでいる時は意識的に葉酸を摂るようにしましょう♪

妊娠初期はもちろん、中期以降もお腹の中の赤ちゃんに栄養を送り続ける上で必要な栄養分なので摂取し続ける事が望ましいとされています♪
妊婦さんのマイナートラブルに貧血もありますよね。


葉酸は貧血予防にも効果があるんです(*^^)v
そして、出産後は授乳を通して赤ちゃんの栄養不足を補ってくれます♪

葉酸は妊娠前~授乳期まで継続して摂り続けたい栄養素の1つですね(*^^*)

 

 

葉酸の摂取量

どれぐらいの葉酸を摂取すれば良いのでしょう?

妊娠前は240ug、妊娠12週までは640ug、妊娠中期~出産前までは440ug、授乳期は340ugと厚生労働省が推奨しています(^^)
葉酸は意識してなくても普段の食生活の中でも摂取してるんです。
20代の女性が摂取している葉酸は217ug、30代の女性が摂取している葉酸は233ug、という調査結果があります。
普段の食生活に追加して摂取できるようにしてみましょう(^^)

納豆1パックには60ug、ほうれん草10グラムには11ug、きなこ10グラムには25ug、枝豆10グラムには26ugの葉酸が含まれています♪
他にも卵や味付け海苔、苺など野菜や果物に葉酸が入っているので意識して食べるようにしてみて下さいね(^^♪

 

妊娠初期の頃は通常よりも頑張って葉酸を摂取しないといけません(>_<)
このため妊娠初期の葉酸には追加でサプリメントから摂取する事も推奨されています♪

 

 

葉酸は赤ちゃんの先天性の病気を予防する以外にも、貧血の予防、胃腸を強くする、免疫力を高める、シミやそばかすを補修する、など女性にとって嬉しい効果がたくさん♪
意識して毎日摂取できるような食生活を送って下さいね(*^^*)

 

-妊娠中, 葉酸サプリ
-, ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.