【初産】情報収集しすぎに注意!出産前の不安をすっきり解消

更新日:

 

初めての出産を間近に控えると、分娩時の痛み出産後から始まる育児など、期待と不安を抱えてしまうものです。

初産に対する不安を和らげるためにと、一生懸命ネットで情報収集・・・。

しかし情報を集めれば集めるほど、余計に不安な気持ちが大きくなってしまったという経験はありませんか?

妊娠中はホルモンバランスの変化も大きく、何かと情緒不安定になりやすいものです。

更に、人生の中で一大イベントである「出産」を目前に控え、不安に感じる事は無理もありません。

そこで今回は出産が不安でたまらない妊娠中のお母さんが、自分で情報収集をする際の注意点と、不安で押しつぶされそうな時のリフレッシュ法などをご紹介します。

是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

初産は不安がいっぱい

『お腹の中の赤ちゃんは、本当に健康に育っている?』

『陣痛の痛みは想像以上と聞くけど、自分に耐えられるかな?』

『自分に母親が務まるのか自信がない・・』

『経済的に子どもを養っていけるか不安』

初めての出産はわからない事だらけ。

心配事は常に絶えません。

このように人生の大きな『転換期』を迎えたお母さんが、不安な気持ちでいっぱいになるのは当然の事であり、妊娠をした誰もが通る道なのです。

 

 

検索しすぎは不安を煽りかねない

情報収集のために出産前にネットで検索しすぎることで、ハッピーなはずの赤ちゃんとの対面が楽しみでなくなってしまうことがあります。

知らぬが仏の精神も必要

妊娠中や分娩中は心を穏やかに、ママ自身がリラックスする事で安産につながっていきます。

ネットの記事を読んで、知ると悩んでしまうような事でも知らなければ平静な気持ちで過ごせますよね。

妊娠中は情報収集は程々に、ゆったりとした気持ちで過ごしてくださいね。

また【案ずるより産むが易し】ということわざの意味にもある通り、事前にあれこれ思い悩んでいても、終わってみると『こんなものだったのか』と取り越し苦労に終わることも沢山あるので、どーんとした気持ちでお産に臨みましょう。

 

必要最低限の出産情報に留めておく

これからまさに経験しようとしている出産とは一体どんなものなのか?

自分がどんな状態になっていくのかを知りたくて、出産についてとにかく片っ端から調べるお母さんは少なくありません。

事前に出産情報を収集して準備するのは悪いことではありません。

しかし色々と検索しぎる事で、出産時のリスクや事故について書かれている記事まで閲覧してしまい不安感を増幅させてしまう事があります。

必要以上に情報を検索しすぎず、最低限の出産情報にとどめるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

不安で押しつぶされそうになったら

長い期間不安な気持ちを抱えていたり、悩んでいる状態が続くと心も体も疲れてしまいます。

お腹の中の赤ちゃんのためにも、こまめにリフレッシュをするようにしましょう。

また、一人で悩みを抱えず、誰かに話を聞いてもらう事も不安解消に効果的ですよ。

 

身体を動かして気分もリフレッシュ

気分をリフレッシュするには、身体を動かす事をオススメします。

家の近所を散歩しながら外の空気や景色を楽しんだり、お部屋のお掃除やエクササイズを無理のない範囲でするのも良いですね。

近くのデパートで、ウィンドウショッピングをするだけでも気分転換にはもってこいです!

ベビーグッズをチェックしたり、『体型が戻ったら何を着よう?』などと出産後の洋服を見てまわるのも楽しいですね。

出産について家の中で悶々と考えても、不安感が消えない時は外に出て新鮮な空気を吸ってみてください。

わたし自身も、出産を目前に不安でたまらなくなった頃、エクササイズも兼ねて毎朝30分程近所の散歩を始めました。

思いきり背伸びをし元気よく歩くだけでも、頭も心も体もスッキリして良い気分転換になりました。

それだけではなく、毎朝の散歩のおかげで程よく体力もつき、安産につながり一石二鳥でした。

プレッシャーや心の負担にならない程度で、是非身体を動かしてみてくださいね。

 

 

先輩ママに相談してみよう

不安な気持ちを、先輩ママに直接相談してみましょう。

不安を軽減・解消する上で、誰かに自分の気持ちを直接打ち明けることはとても効果的です。

ネットで検索して得られる出産体験談などの情報を一人でインプットし続けるよりも、悩みを自分の言葉で誰かにアウトプットしてみると良いですよ。

アウトプットする相手としては、友人や先輩・母親など、出産や育児の経験のある『先輩ママ』に聞いてもらうことをオススメします。

出産未経験の友人や旦那さんに相談しても、不安な気持ちを理解してもらえない事があるからです。

『赤ちゃんが産まれる』事自体をとにかくおめでたいことだと捉え、"出産"と"不安"がなかなか結びつかないという人が非常に多いのです。

その一方、すでに出産や育児を経験している先輩ママであれば、初めての出産前に抱く不安な気持ちを細かい部分まで理解し、受け止める事ができます。

先輩ママたちに相談する時には、不安な時期をどのように乗り越えたのか、またお産の体験談やアドバイスをもらうと良いでしょう。

多くの先輩ママが、「私も最初は怖かった」と話してくれるはずです。

 

まとめ

おそらく、初めての出産が不安でない妊婦さんは居ません。

『悩むな』と言っても無理な話だと思います。

不安に押しつぶされそうなときは、パソコンやスマホは置いておいて気分転換をしましょう。

これまでお腹の中で大切に育んできた赤ちゃんにやっと会えるのです。

自分と赤ちゃんの身に起こるかどうかわからない情報に踊らされ不安な気持ちで過ごすよりも、肩の力を抜き残りわずかなマタニティ生活を是非楽しみ味わってください。

 

 

スポンサーリンク

-妊娠中
-, , , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.