出来ればしたくない!会陰切開の目的と回避するための方法を伝授

更新日:

初めての出産、予定日が近づくにつれお腹が大きくなると、"出産"について意識し始めますよね。

赤ちゃんの誕生は待ち遠しいものの、同時にお産時の痛みがどれ程のものなのか、想像するだけで不安になってしまうもの。

自然分娩(しぜんぶんべん)の場合、陣痛と並び妊婦さんが産前に不安感や恐怖感を抱くものが、『会陰切開(えいんせっかい)』です。

会陰切開は分娩時に裂けてしまわぬよう、事前に会陰部を切る処置で、切った部分の痛みを特に産後に強く感じるお母さんが多いようです。

今回の記事では、会陰切開が必要になるケースについて、また会陰切開に恐怖を抱く理由や回避するための対策についてご紹介していきます。

実際に筆者も分娩時に会陰切開を経験したので、そのリアルな体験談も混じえてお話ししていきます。

是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

会陰切開とは

女性の*外陰部(がいいんぶ)と肛門の間にある、ひし形の部分を「会陰」と呼びます。

*外陰部・・・女性器のうち、体外に露出している部分のこと

 
分娩時に、その会陰部分を切る処置のことを会陰切開と言います。

分娩中に会陰の伸びが悪い場合、会陰が裂けてしまったり赤ちゃんがなかなか外に出てこられなくなり危険な状態に陥ってしまうなどのトラブルを防ぐために会陰切開の処置を行います。

会陰は一般的に出産が初めての方が伸びが悪く、会陰切開の処置に至る確率が高くなっています。

とはいえ、初めてのお産だから絶対に会陰切開になるという訳ではありません。

 

スポンサーリンク

 

出産中に裂けてしまうことを事前に防ぐために切る

もしも事前に会陰部を切らずお産を続け、会陰部が裂けてしまった場合は、傷の程度によっては膣(ちつ)だけでなく肛門にまで傷が及んでしまう「会陰裂傷(えいんれっしょう)」を起こしてしまう場合があります。

傷が大きい程、感染を起こすリスクが高まったり、排便に支障をきたしてしまうので、そのようなリスクを避けるために事前に切っておく必要があるのですね。

 

赤ちゃんを早く出す必要のある時

自然分娩で赤ちゃんがお母さんの狭い産道を降りてくるとき、赤ちゃんもお母さんも必死に頑張らなければなりません。

命綱であるへその緒が、万が一圧迫されてしまうと、赤ちゃんへ送られる酸素が途絶えてしまいます。

ただでさえ分娩時は赤ちゃんとお母さんの身体への負担が大きいので、会陰の伸びが悪く分娩がスムーズに進まなかったり、赤ちゃんの頭が大きくてなかなか外に出て来ない場合は、会陰切開でなるべく短時間でより安全に分娩を終える事が大切になるのです。

 

 

 

できれば切開したくない人が多い

麻酔なしで切ることもある

切開時に麻酔をするかどうかは、病院の方針やお産の進み具合・状態によって異なります。

麻酔をしたうえで切開することも、麻酔をせずにそのまま切開することもあります。

『麻酔なし』で、パチンパチンと会陰部を切られることを想像するだけでも怖いですよね・・。

では、実際会陰切開を経験したお母さん達は、どのように感じたのでしょうか?

 

・「切られている感覚だけで、全く痛くなかった!」

・「いきむと同時に切った。切っている音は大きかったけど、痛みは感じなかった。」

 

痛みの感じ方には個人差があるものの、ほとんどのお母さんは、【陣痛の痛みの方が強く、会陰部を切られている痛みはほとんど感じなかった】と話しています。

そして、"赤ちゃんを産む"という大仕事を終えたお母さんは、一息つく間もなく切開部分の縫合(ほうごう)の処置にうつっていきます。

縫合には、溶けずに後日抜糸(ばっし)が必要な【絹糸】【合成糸】を使用するか、時間が経てば自然と溶けていく【吸収糸】のどちらかが使われることが一般的です。

縫合時には局部麻酔を打つので、切ったところを縫っていく時も「さほど痛くない」と感じるお母さんが多いようです。

わたしも実際、切開と縫合を経験しました。

切開は他のお母さんの言う通り、陣痛の痛みでかき消されて『こんなものか』と思う程。

しかし、問題は縫合時でした。

麻酔は打ってもらったものの、上手く麻酔が効いていなかったのか、なぜか針がささり糸が通っていく感覚が鮮明で痛いのです。

更にベテラン医師の横には新米医師がおり、指導を受けながらノロノロと縫合・・・(涙)

私が「痛い」と伝えると、『こうやらないから痛がるのよ』と新米医師がベテラン医師から指摘を受ける始末。

結局私は可愛い我が子の寝顔を麻酔がわりに、縫合の痛みを耐え抜きました。

私はアンラッキーでしたが、通常は麻酔が効くはずなので安心してくださいね(笑)。

切ると産後が痛くて大変

切開部分に本当に痛みが出てくるのは、出産から数時間後に麻酔が切れた後です。

どんな体勢をとっても会陰部が痛く、トイレでの排便やイスに座る事さえままなりません。

痛みが酷い場合、夜眠れない事もある程です。

特に出産直後は身体の疲労がピークである事や、赤ちゃんが産まれた喜びや達成感で一気に気が緩んでしまう事で、より痛みを敏感に感じてしまうのかも知れません。

ドーナツ型のクッションなどを利用して座る時の痛みをなるべく和らげたり、デリケートゾーンを清潔に保つことで回復を早めるなど工夫をしてみましょう。


出典:楽天市場

シャワーやトイレの時に、傷口を強くこすってしまうと刺激で痛みを感じることもあるので気をつけてください。

わたしも麻酔が切れたあとは傷口が痛み、排便で力むことが怖くて我慢していると便秘になってしまいました。

医師から授乳中でも服用可能な痛みの鎮痛剤と便秘薬を処方してもらったので、傷口の痛みも便秘も早めに改善していきました。

痛みが続く期間は個人差がありますが、通常大体1週間~1ヶ月程度で傷口が回復していきます。

もしも傷口の痛みが長引く場合は、我慢せず医師に相談するようにしましょう。

 

切らずに済むにはどうしたらいいか

会陰マッサージをする

出産前に会陰マッサージによって会陰部を柔らかくしておくことをお勧めします。

会陰切開を回避できる可能性が高まるだけではなく、会陰の伸びを良くすることで、出産時に会陰が傷つきにくく、出産によって受ける傷が少なくて済みます。

傷が小さいと、出産後の回復も早いですよね。

もし会陰切開をしたとしても、会陰部がやわらかいと、切開範囲が狭く済むことが多いのです。

赤ちゃんと自分自身の為にも、是非会陰マッサージを試してみてください。

 

~会陰マッサージの方法~

※会陰マッサージは、妊娠34週以降に始めてください。

《準備物》

・植物性で無添加のオイル

オリーブオイル

セサミオイル

ホホバオイル

ココナッツオイル

馬油など

※会陰部は肌がデリケートなので、刺激が強いオイルは肌荒れの原因になります。

 

《タイミングと頻度》

入浴中またはお風呂上がりに週3回程度、1回5~10分程度行いましょう。

継続することが大切です。

 

《マッサージ手順 》

マッサージはしゃがんだ状態か、椅子などに片足をかけた状態だとやりやすいです。

①親指に少量のオイルを付ける

(オイルの量は指から垂れてこない程度)

②オイルをつけた親指を膣に2.5~3cm程度挿入する。

③親指を肛門に向かってスライドさせ、1分間固定する。

④両方の親指を「U」の字を描くように会陰周りを2、3分程度マッサージする。

会陰マッサージが終わった後、オイルを洗い流さずにおりものシートなどをあてておくと、オイルが肌に浸透していきます。

もし残ったオイルが気持ち悪い場合は拭きとっても構いません。


出典:テックガールのユーエスライフ
 

《注意点》

・体調の悪い時や、医師や助産師から安静の指示があるときは、会陰マッサージは控えましょう。

・*正産期になるまでは、お腹の張っているときのマッサージはお休みしましょう。

・爪を切った清潔な手でマッサージしましょう。

・もし、マッサージ中に指が肛門に触れてしまったら、一旦マッサージを止めて手洗いをしてください。

マタニティヨガなどで骨盤を開く

安産のためには、骨盤や股関節(こかんせつ)の産道周辺の筋肉を鍛えたり、やわらかくする事が効果的です。

骨盤を開きやすくする事で会陰切開を回避することにつながります。

骨盤を開きやすくする効果のある動きとしては、マタニティヨガの他にも、安産体操スクワットなどが挙げられます。

自宅で簡単にできるものも多いので、「体力がない」「普段あまり運動をしない」「体が硬い」という人でも手軽に始めることができますよ。

毎日の習慣として骨盤を開くエクササイズを行うと、会陰切開予防と同時に、体重増加の予防にもつながりますよ。

 

 

陣痛中のいきみ逃しが重要

意外だと思いますが、呼吸法をしっかりと身につけておくことも会陰切開を避けるために有効です。

分娩時、赤ちゃんが外に出ようとする力とママのいきむタイミングが合うと、出産をスムーズに進める事ができます。

陣痛によって子宮が収縮する際、赤ちゃんを外に押し出す力が働き、さらにお母さんがいきむことでそれを後押しします。

陣痛が来たときに、いきみたくなったら好きなタイミングでいきめばいいものではありません。

子宮口が全開になる前や、子宮口が十分にやわらかくなる前にいきんでしまうと、出口が狭い状態で赤ちゃんを押し出すことになるため、赤ちゃんや子宮にとって悪影響となってしまいます。

その他にも、無理にいきむことで子宮頸管(しきゅうけいかん)や膣内が裂けてしまったり、赤ちゃんに十分な酸素が行き渡らなくなるなどのトラブルにつながる可能性があるのです。

しかるべきタイミングまでいきみをガマンするために、いきみ逃しが非常に大切になります。

いきみ逃しの方法は色々とありますが、いきみ逃しの呼吸法を事前に練習しておくと、当日に焦らず落ち着いてお産に取り組むことができて安心ですよ。

呼吸法の練習は、場所や時間を選びません。

リラックスをして、ゆっくりとした呼吸を心がけるようにしましょう。

分娩時に取り入れられる主な呼吸法として、「ラマーズ法」「ソフロロジー」について簡単にご紹介します。

 

ラマーズ法

ラマーズ法は基本的に鼻から息を吸って口から吐く「胸式呼吸」です。

痛みが出たら息を深く吸い込み、「ヒッヒッフー」というワルツのリズムにあわせて息を吐き出します。

息を吐くときは十分に吐き出して、身体の力を抜くのがポイントです。

ラマーズ法の呼吸は最初から最後まで「ヒッヒッフー」のリズムではなく、陣痛の間隔や子宮口の開き具合にあわせて、以下のように呼吸のリズムを変えていくことが特徴的です。

 

【子宮口が0~3cm】

陣痛の痛みがまだそれほど強くありません。

3秒くらいかけて鼻からゆっくり吸って、また3秒くらいかけて口からゆっくり吐きましょう。

しっかりと息を吐き出せているかを意識してください。

痛みに耐えられる間は、この基本の呼吸リズムを続けながら、緊張をほぐして身体の力を抜いていきましょう。

 

【子宮口が4~7cm】

痛みが少し強くなり基本の呼吸リズムがつらくなってきたら、「ヒッ、フー」の呼吸リズムにかえます。

鼻から息を吸った後、口から短めに「ヒッ」、長めに「フー」と吐き出してください。

息を吐くことに意識を集中させて「フー」としっかり吐き切りましょう。

 

【子宮口8~10cm】

陣痛がきつくなってきたら「ヒッヒッフー」の呼吸リズムにします。

陣痛の波に合わせて、「ヒッ、ヒッ」と短く2回吐いた後、「フー」と深く長めに息を吐きます。

多少のいきみはこの呼吸で逃せるので、体の力を抜いて、全身をリラックスさせましょう。

 

【子宮口が全開】

子宮口が全開になったら、一気にいきみます。

顔に力が入らないように目を開けながら、力をこめます。

陣痛の波に合わせて2回深呼吸して、3回目で息を止め、お尻からグッと押し出す感じでいきみます。

いきみを止めるように言われたら、口をあけて「ハッ、ハッ、ハッ」と短く呼吸して次のタイミングを待ちます。

赤ちゃんの頭が出てきたら、いきむのを止めて全身の力を抜くように「フー、フー」と深くゆっくり呼吸すると赤ちゃんはスッと出てきてくれますよ。

 

ソフロロジー法

ソフロロジーは、「もうすぐ赤ちゃんに会えることを思い描いて、陣痛を積極的に受け止めよう」という考え方に基づき、東洋的な座禅ヨガの様式が取り入れられています。

ゆったりとした音楽などをかけてリラックスして取り組むとよいでしょう。

あぐらをかき背筋を伸ばした姿勢でスタート。

右手をお腹の上に当てて、腹式呼吸でゆっくりと鼻から息を吸いこみます。

そのときに、自分の頭のてっぺんから足の先まで、さらには胎盤を通して赤ちゃんにも新鮮な酸素が行き渡る様子をイメージしましょう。

次に、口からゆっくりと息を吐き出します。

ゆっくりゆっくり、すべての息を吐き切りましょう。

そしてまた鼻からゆっくり吸う…これを繰り返します。

慣れてきたら、息を吸った後に2秒ほど息を止めてから吐き出すようにしてみてください。

 

 

まとめ

会陰切開はトラブルを予防するためのものなので、ネガティブに捉える必要はありません。

しかし、自分の体を傷つけずに出産することができるのであれば、それに越したことはありませんよね。

産後に体の回復が早まるというメリットもあるので、ぜひ産前に会陰マッサージや呼吸法の練習を試してみてください。

元気な赤ちゃんを安産で産めますように!

スポンサーリンク

-妊娠中
-, , , , , , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.