臨月で下痢が続くのは出産間近を知らせる合図|陣痛との見分け方も紹介しています

更新日:

待ちに待った臨月。
赤ちゃんと会えるまでもう少しの辛抱!

しかし、何故か臨月に入ってから、お腹の調子がいまいち安定しないと感じていませんか。

臨月に入ると、「突然下痢気味のゆるい便になった」という妊婦さんが居れば、「便秘気味だったのに便がやわらかくなり快便になった」という妊婦さんもいます。

なぜ臨月に入ると、お腹の調子が変化するのでしょうか?

その原因は、体が出産の準備を始めたことで、ホルモンバランスが変化することにあります。

ホルモンバランスの変化から下痢が続き、辛いときにはどうすれば良いのか、また、通常の腹痛と陣痛との見分け方などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

出産間近かも?臨月に下痢が続くとき

ホルモンバランスの変化

妊娠や出産をしやすくするために様々な役割を担っているのが『黄体(おうたい)ホルモン』という女性ホルモンです。
この黄体ホルモンの分泌量は妊娠中増え続け、妊娠8?9ヶ月頃にピークを迎えます。
それ以降は、分泌量が徐々に減っていきます。

黄体ホルモンには、受精卵が着床(ちゃくしょう)しやすいように子宮内膜の調子を整え流産や早産のリスクを下げたり、産後に赤ちゃんがおっぱいを飲めるように*乳腺を発達させる役割などがあります。

このように妊娠の維持には欠かせない黄体ホルモンですが、実は女性の大敵、便秘の原因ともなっています。
つまり、黄体ホルモンには腸の活動を弱める働きがあるのです。
臨月には、出産に向けて黄体ホルモンが減少し始め腸の活動が正常に戻るため<、下痢になりやすいという訳です。 *乳腺・・・乳房の中にあり、乳汁を分泌する器官  

子宮が腸を圧迫している

出産が近づくと、赤ちゃんは外に出るための準備を始めます。
臨月までは子宮底がみぞおちの下の方まで上がり胃が圧迫されていたのが、臨月に入ると胎児がお母さんの胎盤の中に頭を固定しようと下に下がってくるので、胃の圧迫感が少なくなってきます。
しかし、下がってきた胎児が今度は腸を圧迫してしまうため、便秘や下痢などを引き起こしてしまうという訳です。

 

スポンサーリンク

 

下痢が続くときの対処法

身体を冷やさないようにする

身体を冷やすと、下痢になりやすくなります。
なるべくお腹や身体を温めるように意識しましょう。
食べ物に関しても、身体を温める効果のある食品や、スープなど温かい食べものを積極的に摂るようにしてみてください。
但し、食物繊維を多く含む根菜などの食品を摂取しすぎると、下痢症状が悪化してしまうことがあるので注意しなければなりません。

油分の摂りすぎに注意する

下痢の時には、油分にも要注意です。
チョコレートや生クリームといったお菓子類や、揚げ物など油分の多い物をたくさん食べると、油(脂肪)が上手く腸で分解しきれず残ってしまいます。
そこで、体が余分なものを外に出そうと、胃・小腸・大腸を活発に働かせ始めます。
胃は急いで食べ物を小腸に送り、小腸は栄養の吸収を中断して急いで大腸に便を送り、大腸はその便を早めに体外に出そうとします。
余分なものを体外に出そうと工程を急いだ結果、便が下痢になって出て来てしまうのです。

また、油が下剤として効果があることを利用して、妊婦が陣痛促進のために*ひまし油を飲むことがあります。
体が余分なものを出そうと働くことで下痢が起こると同時に、陣痛が促されます。
下痢が続き、その結果早産になったケースもある程なので、油分のとりすぎには気をつけてくださいね。

*ひまし油・・・植物のトウゴマの種子からとれる100%の植物油。東アフリカ原産。

 

発熱や嘔吐を伴う時は病院へ

発熱や吐き気や腹痛がひどい場合、「胃腸炎」にかかっているかもしれません。
胃腸炎の原因の中で、特に多いのがウイルスや細菌から来る感染です。
また、アレルギー・食事・ストレスなどによっても胃腸炎が引き起こされる場合があります。
激しい腹痛に加え、さらに子宮がカチカチにかたくなってしまった場合は「*常位胎盤早期剥離」などの可能性もあります。
胎児に危険がおよぶ前に、おかしいと思ったら早めに病院に行くようにしましょう。

*常位胎盤早期剥離・・・赤ちゃんの誕生以前に胎盤が剥がれてしまう事。胎盤が剥がれた場合、胎盤と子宮壁の間で出血が起こり、赤ちゃんに栄養や酸素が送れなくなってしまう。

 

 

下痢のような痛みだけの時は陣痛を疑う

排便したいような気分なのに出ない時

臨月に便が出そうでトイレにこもっているのに、なぜかなかなか出てこない。
こんな時はもしかすると陣痛が始まっているかもしれません。
臨月になると、【前駆陣痛】という出産前に起きる不規則な子宮収縮が起こり始めます。
前駆陣痛が起こると不規則にお腹が張り、そして痛みの間隔や強さもまちまちです。

本陣痛に先駆けて起こる陣痛のため、「前駆(ぜんく)」陣痛という呼び方をします。

前駆陣痛の後に、規則正しくお腹が張る本陣痛(ほんじんつう)に移るのですが、これらの前駆陣痛や本陣痛のお腹の痛みを「下痢になってしまった」と勘違いしてしまうことがあります。

特に初産のお母さんは、陣痛がどのような痛みかわからないため、勘違いしてしまうことが多いようです。

痛みの間隔に注目してみる

「普段から下痢気味だから」と、お腹の痛みを下痢の痛みだと決めつけず、まずは痛みの間隔を時計で確認しましょう。
痛みの間隔が10分間隔となるようなら、本陣痛が始まっているかもしれません。
かかりつけの産婦人科に連絡して支持をあおぐと安心です。
腹痛の間隔がまだ不規則な場合は、前駆陣痛の可能性が高いので、少し時間を置いて様子を見るようにしてください。

 

まとめ

ここまでご紹介した通り、臨月にお腹の調子が悪くなる原因は様々です。
臨月には下痢になりやすいので、しっかりと水分補給をして様子を見ましょう。
しかし、嘔吐や高熱を伴ったり、陣痛のように痛みに間隔があれば、早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

-出産, 妊娠中
-, , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.