生理は産後のいつから再開するのか|再開しない場合の対処法もご紹介

更新日:

妊娠中は生理がなかったので、産後「久々に生理が再開する」と思うと少し憂鬱になるかもしれません。

育児も忙しく、「できればしばらくは生理のことは考えたくないな」と思う方もいる一方で、続けて次の妊娠・出産を検討している場合、「早く生理が再開してほしい」と願う人もいます。

産後の生理が再開するのは一般的には産後8ヶ月前後が目安です。
しかし、8ヶ月を過ぎても生理が再開しない方も割と多くいらっしゃいます。

この記事では産後の生理再開について、その時期を早めるために出来る事なども併せてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

産後の生理はいつから再開するの?

母乳を飲ませている、飲ませていないに関わらず、産後8か月頃に差し掛かると、全体のおよそ70%から80%のお母さんの生理が再開するといわれています。

しかし、特に赤ちゃんに母乳を与えているお母さんの場合、排卵が起きにくくなるため、生理再開にも時間がかかってしまいます。

早い方であれば、産後2か月程度で生理が再開したという方もいますし、産後1年経過してもまだ生理がこないというお母さんもいます。

生理再開には個人差があるため、正確にいつから再開すると明確に断言することはできません。

授乳が影響する

生理再開にはいろいろな理由が考えられますが、お母さんの身体に一番大きく影響しているのがプロラクチンというホルモンです。

母乳を与えていると脳下垂体から分泌されるホルモンで、このプロラクチンには排卵を抑える作用があります。

そのためプロラクチンが多く分泌されている授乳期間は、生理再開がしにくいと考えられています。

1日に5回以上授乳をしている場合や、1回の授乳時間が10分以上の場合など、母乳を出せば出すほど生理再開が難しくなります。

さらに、ホルモンの分泌というのは特に夜間の方が活発に行われるため、夜間に授乳している場合はさらに生理再開が遅れる傾向にあります。

お母さんの体調や体質にもよるため、必ずとは言い切れませんが、一般的には「離乳食」がはじまり授乳の回数が減る時期、また卒乳後に生理が再開することが多いようです。

まず排卵があってから月経が起こる

産後すぐの妊娠を望まない方にとっても、「生理がきていない」からといって油断はできません。
【まず排卵があった上で生理が起こる】ということを十分に理解しておく必要があります。

排卵とは、卵巣から卵子が飛び出すことをいいます。
卵子が精子と受精することなく、子宮内膜に着床しない場合、排卵後から2週間前後で子宮内幕が剥がれて外に出ていきます。
これが生理(月経)です。

ですので、生理が起こるまでに卵子が精子と出会い受精をした場合には、産後一度も生理がないうちに次の妊娠をすることになります。
妊娠を望まない場合は、産後直後・授乳期間中だとしても、避妊をして十分に注意してください。

次の状態の時に産婦人科でご相談を

 

完全に断乳して3ヶ月しても再開しない。

断乳後3カ月以上経つ、もしくは産後1年半を過ぎたのに生理が再開しない場合は、プロラクチンの分泌が通常よりも多く、排卵障害を起こしている可能性があります。
「高プロラクチン血症」と呼ばれる疾患かもしれません。

プロラクチンの分泌が多すぎると、脳下垂体に腫瘍ができたり、甲状腺の機能が低下する危険性も出てきます。

また、なんらかの薬の影響や産後の育児ストレスで、ホルモンバランスが乱れてしまい生理再開が遅れる事も。

産後直後の産褥期(さんじょくき)は、とくに身体の変化が激しく違和感に気づけないこともしばしばありますが、生理の再開が遅れていると感じたら、一度かかりつけの産婦人科を受診してみてください。

つわり症状など次の妊娠が疑われるような症状が出てきた

先ほども少しお話ししたように、母乳育児中は妊娠しにくいとはいえ、妊娠する可能性はゼロではありません。

よく、「おっぱいをあげていると生理がこないし妊娠しない」と言われますが、実はそうでもないのです。

プロラクチンの分泌量やママの体質に個人差はあるものの、授乳中でも排卵が再開した場合、妊娠することは可能です。

生理を確認したら排卵が再開されている可能性がある事に気づきやすいのですが、生理が再開される前にでも妊娠する可能性はゼロではありません。

産後はじめての排卵とセックスとのタイミングがたまたま合えば、生理再開前に妊娠することも十分にあり得るのです。

つわりなどの症状が出てきた場合は、産婦人科を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「早く2人目が欲しい、だけど上の子への授乳はやめたくない・・・」
産後の子宮は大きなダメージを受けているので、出来れば産後半年以上(帝王切開の場合は1年以上)期間をあけて妊娠することが好ましいとされています。

1人目の子への授乳をいつまで続けるのか?

また、断乳をして2人目を授かりたいタイミングはいつか?
その時々に何を優先させるかは非常に悩ましいところですよね・・。

しかし、あまりタイミングを気にしすぎるのも良くありません。
ストレスになっては元も子もないので、なるべくおおらかな気持ちでリラックスして過ごすようにしましょう。

パートナーや家族の方とよく相談をして、良きタイミングで生理が再開すると良いですね。

 

 

スポンサーリンク

-産後の母体ケア
-, , , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.