ベビ待ち中・・・妊活に良い食べ物って何?

更新日:

妊活のカギを握る元気な卵子や赤ちゃんが育ちやすい環境を作るには毎日の食生活がとっても大切です。

「妊活中なのに、仕事や家事が忙しくてついつい偏食になりがち…」という方も多いと思いますが、せっかく食べるなら少しでも妊娠しやすい体質になる食事をしたいな…(´;ω;`)

ws000002

 

そんな妊活中の女性におすすめの食べ物は、「体を温める食べ物」「女性ホルモンを活発にする食べ物」「アンチエイジングに効く食べ物」です。

 

 

妊活に良い食べ物は?!

「冷えは万病のもと」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは妊活にも当てはまります。

体が冷えると血行が悪くなって、排卵をコントロールする女性ホルモンの分泌量が減ってしまったり、栄養が行き渡らなくなって子宮や卵巣機能が衰え元気な卵子が育ちにくい環境になってしまいます(゚д゚lll)

 

体を温める食べ物」は、ニンジン・ゴボウ・大根などの根菜類、カボチャ・ピーマン・ホウレン草などの緑黄色野菜、大豆・小豆などの豆類、ショウガ・ネギ・リンゴ・ブドウ・魚介類などです。

反対に酸っぱいもの・甘いもの・冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎると体が冷えちゃうので摂りすぎに注意してください!

野菜をたくさん食べるのは良いことなんですが、生野菜は体を冷やしてしまうのでできるだけスープや温野菜などあたたかくして食べると良いですね♡

 

 

女性ホルモンを活発にする食べ物」は大豆・大豆製品、バナナ・海藻類・ヨーグルト・卵などです。

女性ホルモンには排卵・生理などの卵巣機能をコントロールし、妊娠しやすい環境を作る働きがあるので積極的に取り入れましょう。

 

ws000005

 

ショックな話ですが年齢を重ねるとともに卵巣の機能は低下して自然妊娠する可能性は低くなってしまいます・・・

さらに卵子の質も低下して染色体に異常が起きやすくなるので受精・着床しにくくなって、妊娠しても流産してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

それを食い止めるために取り入れたいのが、体の錆付きを防いでくれるポリフェノールやカロテンを含む「アンチエイジングに効く食べ物」です。

特に赤ワイン・ココア・チョコレート・ザクロ・リンゴ・ブルーベリー・スモモ・イチゴ・納豆・ソバ・緑黄色野菜にはポリフェノールやカロテンがたっぷり含まれているので、高いアンチエイジング効果が期待できるんです♡

これらの食べ物は妊活だけじゃなく、お肌や髪の老化も食い止めてくれるから「いつまでも若々しくいたい~!!」という女性の強~い味方です(笑)

 

 

レバー・カツオ・マグロ・大豆製品・バナナ・ホウレン草・玄米などに含まれる「ビタミンB群」にはタンパク質やミネラルの吸収を助けてくれます。

また、ビタミンB群の一種である「葉酸」には妊娠初期の赤ちゃんに起きる「神経管閉鎖障害」のリスクを低減してくれるんですよ~

枝豆や大豆製品・アスパラガス・ホウレン草などに多く含まれる栄養素で、受精卵が着床したときには体内に用意されている状態が理想なので妊活中からしっかり摂っておきたいですね♡

ウナギ・ブリ・エビなどの魚介類・カボチャ・アーモンド・トウガラシなどに多く含まれる「ビタミンE」には血行を良くして新陳代謝を高める作用があって、妊娠力を高める栄養素として不妊治療にも使われているそうです('ω')

 

 

皮膚・爪・髪の毛など私たちの体の約20%は「タンパク質」でできてます。

タンパク質が不足したら女性ホルモンや免疫機能が低くなっちゃうので妊活成功には欠かせない栄養素ですね。

タンパク質は肉・魚・卵・乳製品・大豆製品に多く含まれるので、1日2種類50g以上を目安に動物性・植物性をバランスよく摂りましょう。

ws000003

 

妊活には亜鉛・鉄分といった「ミネラル」も重要なんです。

亜鉛には女性ホルモンの働きを助ける作用があって、牡蠣・牛肉・レバー・ウナギ・チーズ・大豆製品・ゴマ・ナッツ類などに多く含まれます。

 

 

血の元となる「鉄分」は、不足しちゃうと生理不順や血行不良になって、貧血状態が続くと妊娠しにくい体質になってしまうため注意が必要です(>_<)

レバー・赤身肉・アサリ・マグロ・小松菜・ホウレン草・ゴマ・卵・ヒジキなどに多く含まれるので、貧血気味・生理不順の方は特に積極的に取り入れましょう。

 

妊活に良い食生活をしよう

妊活を成功させるには、1日3食バランスの良い食事を摂ることが大切っていうことですね♡

今回紹介した食べ物も同じものをたくさん食べれば良いというわけではないので、栄養が偏らないようにいろいろな食材を使うようにしましょう。

コンビニ弁当やレトルト食品・ジャンクフードは栄養が偏りやすく食品添加物やトランス脂肪酸・塩分・カロリー摂りすぎの心配もあるので、妊活中はできるだけ我慢した方がいいです。

 

初めからガラッと食事内容を変えるのは難しいので、まずは妊活に良い食べ物をいつもの食事にちょい足しして、今日から妊娠しやすい体作りに励みましょう♫

-妊活
-,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.