生理の後は安全日?危険日?計算する方法

更新日:

生理の後が安全日か危険日か。人によって違うというのはご存知ですか?

毎月生理が来るまでドキドキ…というのはつらいですよね><

計算の根拠を知って、自分の安全日、危険日を把握しましょう!!

 

安全日は絶対に安全?

引用:妊娠初期症状から出産・育児、不妊などのお悩み解決

一般的に安全日と危険日と呼ばれていますが…

安全日というのは「妊娠しづらい時期

危険日というのは「妊娠しやすい時期」のことをいいます。

 

なので、安全日の期間でも絶対に安全というわけではないので、ご注意を!

そして危険日は妊娠しやすい排卵日周辺で比較的妊娠しやすい期間をいいます。

安全日と危険日をきちんと自分で計算できるように、まず妊娠する仕組みについて知りましょう!

 

妊娠する仕組み

生理が終わると卵巣で卵子が育ち始めます。次の排卵の準備をしてるんですね。

そして卵子が成熟するといよいよ卵巣から子宮に排卵されます!これが排卵日ですね。

排卵のタイミングは生理の周期が28日の方は、生理が始まってから14日後といわれています。

生理が「終わってから」ではなく「始まってから」ですよ!

卵子は卵巣から子宮へ「卵管」という管を通って降りてきますが、ここで精子と出会えると受精します。

そしてその後細胞分裂を繰り返し、7日ほどするとようやく着床となります。

また排卵してからは受精卵を育てるベッドをフカフカにするために、子宮を受精卵が育ちやすい環境にしていきます。

着床していないと、排卵されてから14日後にフカフカのベッドが生理として、体の外へ出て気います。

そしてまた①に戻る。といった感じです。

この流れを見てわかる通り、排卵されて卵子が卵管にいるタイミングで精子と出会わないようにすることで、望まない妊娠を避けることができます!

 

危険日の計算方法

危険日を避けるポイントは「卵子が卵管にタイいるミングで精子と出会わないようにすること」でしたね!

 

卵子自体は排卵してから24~36時間卵管にいて、妊娠しやすいといわれています。

そして精子は膣内に入ってから3日~1週間受精能力を持っているといわれています!

なので排卵日1週間前から排卵日の1~2日後までが最も妊娠しやすい期間となりますね。

 

そしてそこから生理までの期間が安全日となります^^

そこで気になるのが自分の排卵日がいつかということですよね!

 

排卵日はいつ?

排卵日は生理のように目に見えて体に変化が出ません><

しかも排卵日の1週間前から危険日なので、体に変化が来てから気づくんじゃ遅いですよね。

そこで生理の日をもとに排卵日を算出します。

 

これが安全日、危険日の計算方法です!

計算方法は生理が排卵日の14日後に起こるということを利用して計算します!

なので、一般的と言われている生理周期が28日の方は、排卵日は生理が始まった日から14日後といわれています。

 

そして排卵後14日して生理が来るので、あわせて28日ですね(^^♪

なので生理の期間が5日間だとすると、生理が終わったころには排卵日の9日前。

 

危険日に入る直前ということになります(;'∀')

生理が終わった後は解放された気分になりますが、妊娠したくない方は、しっかりと避妊することをオススメします!

生理周期が28日でない人は?

ここで気になるのが生理周期が28日以外の人ですよね。

先ほどの通り、排卵日の14日後に生理が来るというのは、皆さん同じといわれています。

なので、生理が25日周期の人は、生理が始まってから11日目が排卵日、そして1日置いて、13日目から25日目が安全日となります。

(生理周期ー14=排卵日)

 

生理周期が短いかたは、生理後すぐに危険日突入してしまうので、要注意ですよ!

逆に生理が32日周期など長めの場合、生理が始まってから18日目が排卵日、そして1日置いて、20日目から32日目が安全日となります。

生理周期が長い方は、生理直後~危険日まで日数がありますね。

 

ただし精子の生存期間が長い人もいるので、避妊は必ずしましょう!

 

安全日と危険日をより正確につかむには?

基本的な計算の仕方をお伝えしましたが、卵子の生存期間、精子の生存期間は人によって異なりますし、女性の体は環境やストレスの影響を受けやすいもの。

環境の変化

過度なストレス

生活リズムの乱れ

こんなことで簡単に生理周期は崩れてしまいます。

そこで補助的な方法として、おりものの様子を観察することでその精度を高めることができます。

おりものは卵子が精子を受けいれる期間はアルカリ性となって精子の働きを高めたり、受精の時期の後は、受精卵の細菌感染を防ぐために酸性になったりと、せっせと働いた結果出てくる分泌物です。

 

自分の生理周期、おりものの様子を観察して、安全日と危険日を把握しましょう!

生理後
さらっとして粘り気が少ない。量が少ない
生理後~排卵前まで
さらっとして粘り気が少ない。量が少しずつ増えてくる(精子を受け入れるためですね)
排卵日周辺
透明で粘り気がある。指でつまんで伸ばすと、伸びる量は一番多い
排卵後
色は白っぽく、指でつまんでも伸びない量は減り始める

 

でも安全日だと思っていたのに妊娠される方がたくさんいますよね。

妊娠を望まない場合は、安全日と思ってもきちんと避妊をしましょう!

 

-妊活
-,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.