ピニトールって何?不妊に効果があるって本当?

更新日:

ピニトール」って聞いた事はあるけど、一体どんなもの?

不妊に効果があるって本当??('_')
噂の真相を追及!(*^^)

 

ピニトールの成分について

ピニトールとは植物性の自然由来の成分で血糖値の上昇を予防する効果がある成分です。
このため、生活習慣病、メタボリックシンドローム糖尿病の予防効果が高いとして注目を浴びています(#^^#)
ピニトールが採れるのはルイボスアイスプラウト大豆
どれも女性好みの品ですよね!


メタボ、糖尿病に効果があるこのピニトールが実は不妊にも効果を発揮する事が最近分かってきました!

女性の不妊原因の1つでもある多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)」に効果があります。
多嚢胞性卵胞とは生理不順等が原因でなかなか妊娠が成功せず病院に行ったら排卵が上手くできていない事が判明する症状です。
ピニトールに不妊の原因になる症状ですが、このピニトールがその症状に効果があるとは!
妊活中にとってはとても嬉しいお知らせですよね(^^)

 

ピニトールと多嚢胞性卵巣

不妊で悩む約2割の人が実は多嚢胞性卵巣なんです。
生理の周期が安定しない」、「次の生理までの感覚が35日以上空く」、「肌荒れ・ニキビが多い」、「肥満」。
これらに当てはまる人は多嚢胞性卵巣かもしれません。
多嚢胞性卵巣は男性ホルモンが多く分泌している事が原因です。

ピニトールは多く分泌されている男性ホルモンを抑えて排卵が正常に活動できるように助けてくれます(*^^*)
肥満傾向の人も、ピニトールの「糖尿病予防」に当てはまるので効果があるんですよ(^_-)-☆

「なんで肥満が問題なの?」と思いますよね。
実は多嚢胞性卵巣の約30パーセントの人はBMI数値が25以上の肥満傾向にあるんです。
残りの約70パーセントの人も内臓脂肪の数値が高い隠れ肥満さん!!
そのぽっちゃり、もしかすると不妊の原因かもしれません(>_<)
この肥満傾向問題が血糖値を下げる役割を持っているピニトールが効果を発揮します!
多嚢胞性卵巣の不妊で悩んでいる人にとってピニトールは改善策が多く盛り込まれている成分なんですね(^^♪

 

ピニトールの摂取量

積極的に摂取したいピニトール。
どれぐらいの量を摂取すれば良いの?

ピニトールは180mg~1200mgを1日で摂取したい量。
ピニトールが含まれている大豆なら1日に約500粒!
ルイボスティーにするとなんと1日約100杯!
想像しただけでお腹がタプタプになってしまいそう…。
そして、ピニトールが入っている食品を加工してしまうと加工の過程でほとんどの成分が出ていってしまいます(>_<)
大豆にはピニトールが入っているけど、豆腐や納豆になると効果は激減(´;ω;`)
そこでアイスプラントの出番です!
最近スーパーでも良く見かけますよね。
アイスプラントなら1日約250g食べるだけで理想的なピニトールの量を摂取する事ができます。
シャキシャキした食感で食べやすいんですよ。
それでも毎日はちょっと食べられない…という時は、サプリメントに頼りましょう(#^^#)

妊活中に外せないピニトール!
毎日摂取できるようにしたいですね(*´ω`*)

ベジママは不妊で悩む方におすすめの妊活応援サプリ!

妊活で悩んでいる女性は多いですよね。私も経験者ですが、うまく行かずに何度も落ち込みました。 気持ちを前向きにするにもサプリって役に立つんですよね。 出来る事はやる!それだけでポジティブになれますし、嬉 ...

続きを見る

↑ピニトール配合の妊活サプリはこちら

 

 

 

-妊活

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.