【女の子の赤ちゃんのおまたケア】正しい洗い方を紹介します

更新日:

女の子の赤ちゃんの場合、おまたの正しいケアについてご存知ですか?

くぼみが多くふき取りづらかったり、どこまで洗うべきなのかわからず汚れが残ってしまったりする事も・・・

尿や汗、垢(あか)などの汚れを放ったままにしておくと、細菌感染による*外陰炎(がいいんえん)や、尿道から感染する*尿路感染症(にょうろかんせんしょう)などの病気にかかってしまいます。

そうならないためにも、おむつ替えの度にきちんと拭いてあげたり、入浴時にも注意すべき点を正しく実践することで、赤ちゃんを汚れや病気から守ってあげましょう。

*外陰炎・・・女の子の外陰部(がいいんぶ)や膣が細菌に感染して炎症を起こすことで、赤く腫れる症状のこと。

*尿路感染症・・・おしっこの通り道部分に大腸菌などの細菌が感染し炎症をおこす状態。
症状としては、風邪の症状のない高熱や、食欲不振などがある。

 

スポンサーリンク

 

意外と知らない女の子赤ちゃんのおまたケア

 

おむつ替えのたびに拭くこと

基本的にはおむつ替えのたびに、赤ちゃんのおまたをきれいに拭いてあげましょう。

特に新生児期はおむつ替えを頻繁にするため、「さっきも拭いたからきれいだろう」と表面だけ簡単に拭いて終わりにしてしまいがちです。
しかしそれでは内側の汚れはたまる一方で、不衛生な状態に陥ってしまいます。

 

基本は前から後ろに向かって拭く

意外と知られていませんが拭くときは【前から後ろ(おまた→おしりの穴)】に向かって拭く事が鉄則です。

後ろから前に拭いてしまうと、肛門についた便が尿道口から入ってしまい、*膀胱炎(ぼうこうえん)などの炎症を引き起こしてしまう可能性があるからです。

毎回うんちがお尻に残らないよう、きれいに拭き取ってあげてください。

また、子どもが成長して自分でトイレが出来る程度に大きくなれば、『前から後ろに拭くんだよ』と優しく教えてあげることも大切です。

*膀胱炎・・・尿をためる臓器である「膀胱」の粘膜に炎症が起きる状態。
トイレを我慢したり、冷えやストレスを溜めることが原因だとされる。

 

内側のひだの部分もチェックを

赤ちゃんの股をやさしく開き、まずは足のくびれやしわをきれいに拭いてあげましょう。

目で見える範囲というのは、あくまでも表面に過ぎません。
きれいにしているつもりでも、垢や汚れを見落としていることも。

*大陰唇(だいいんしん)をめくりながら、内側のひだが汚れていないか1つ1つ必ず確認してください。

デリケートな部分なため、汚れている時だけ軽くふきとってあげます。

*大陰唇・・・女性器の外陰部にある、脂肪組織からなる左右一対の壁のこと。内側にある生殖器と尿道口を守る役割がある。

 

出典:Milly

 

スポンサーリンク

 

入浴時の正しい洗い方

汚れを溜めないように毎日洗う

お尻ふきではとれない小さな汚れは、入浴時にきれいに洗い流してあげます。

赤ちゃんは大人よりも汗っかきです。
おまただけでなく、脇の下や首回りなどにもすぐに垢が溜まってしまいます。

熱がある時など、赤ちゃんの体調が悪くない限りは基本的に毎日入浴させてあげることをオススメします。

 

石鹸等を正しく使う

石鹸を用いた洗い方の手順をご紹介します。

 

ステップ1
【優しく洗おう】
まずは、清潔な手で石鹸を泡立てます。
しっかり泡立てたら、その泡でおまたやお尻の穴、足の付け根を手で優しく洗ってあげます。

大陰唇をめくった内側も洗うのですが、デリケートな場所なので優しく扱いましょう。
このデリケートゾーンに関しては、石鹸の使用は必須ではないので、お湯だけでも十分ですよ。

 

ステップ2
【丁寧に洗おう】

おまたやお尻、大陰唇の内側の粘膜などに石鹸が残らないよう、きちんと洗い流しましょう。

すすぐ順番は、おまた周辺→太ももつけ根→おしりの順番で洗ってあげます。
特に大陰唇の中に石鹸の泡が残ると炎症につながってしまうので、しっかり洗い流してください。

 

ステップ3
【しっかり乾燥】

すすぎ終わったあとは、“乾燥”が大切です。
入浴後やおむつ交換後は、すぐにおむつをつけてあげたくなりますが、肌が湿った状態のままでおむつをつけると、蒸れが原因で肌トラブルを招きかねません。
風邪をひかないよう、お部屋を暖かくし、乾燥タイム。
しばらく下半身を出しておいたり、手であおぐなど、ある程度乾けばおむつをしてOKです。

やってはいけないこと

 

ゴシゴシ洗うのはNG

基本的に赤ちゃんの身体をゴシゴシ洗う事はNGです。
赤ちゃんの肌は大人の肌よりも薄く、デリケートなのです。
特におまたやひだの間などは優しく扱うようにしてください。
ガーゼでなく、指の腹で丁寧に垢や汚れを落としてあげるのも良いですよ。

 

汚れた手ではケアしないこと

基本的なことですが、おむつ替えや入浴時など、おまたのケアをする時に手が汚れていると、手に付着していた細菌などが外陰部に感染してしまいます。

赤ちゃんに触る前には、手を洗ったり消毒するなど、清潔にしておきましょう。

 

 

まとめ

「おまたはどこまで洗ってあげていいの?」
「ひだの間のお手入れはどうすればいい?」など、女の子の赤ちゃんを初めて育てるお母さんにとってはわからないことばかり。

『拭いてあげるときは前から後ろ』『ひだの間も1つ1つチェックする』『ゴシゴシ洗わない』など、大切なポイントをおさえて、赤ちゃんをバイ菌や病気から守ってあげてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

-育児
-, , , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.