【ストレス軽減しよう】家事と育児の両立ができないママの悩み

更新日:

子育てってこんなにしんどいなんて聞いてない!
赤ちゃんにかかりっきりで、何もできない!

初めての子育てであれば、ママだって新米です。

慣れない授乳に、終わりのない抱っこで肩はバキバキ。
夜中も赤ちゃんが泣くたびに眠い目をこすってベッドから起き上がる・・

赤ちゃんとの生活に慣れるまでは、心に余裕がなくて当たり前なのです。

実家に帰っているなど育児に集中できる環境があればまだしも、旦那さんは仕事にでかけ、赤ちゃんのお世話を1人で頑張るママにとって、家事と育児の両立は相当大変なものです。

今回の記事では、育児に奮闘する新米ママが抱えがちな『家事と育児の両立ができない』という悩みに対して、どのように対処すればストレスが軽減できるかをお話していきます。
是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

家事と育児が両立できない悩み

 

子育ては24時間フル稼働中

仕事であれば、休憩時間や休日など、心や身体を休められるタイミングは定期的に訪れます。
しかし、子育ては違います。

たとえ疲れていようが、眠たかろうが、一切お休みはありません

さらに低月齢の赤ちゃんであれば、昼夜の区別はありませんから夜中でも2〜3時間おきには泣き声で起こされます。
泣いている理由もさまざまで、初めのうちはオムツやおっぱい、抱っこに温度調整など全て試してみないと赤ちゃんが何を求めているのかわからないという事も。

初めての子育てであれば尚更、赤ちゃんの事が気になって常に様子を伺い、一時も気が休まることはありません。

 

ちょいちょい家事を中断させられるという事実

赤ちゃんが一人で動けない間はまだしも、少し大きくなり動きが活発になってくるとさらに目が離せなくなり、それまで以上に家事が思うように進まなくなります。

子どもの様子を気にしながらだと、掃除も雑になってしまい、料理も思うようにできないこともしょっちゅう。

家事をやらなければと意識しすぎると、育児までが中途半端になり、イライラ。

やろうとしていた簡単なことさえ終わらせられないことで、ストレスがたまってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

これだけは言われたくないという言葉

旦那さんや周りの人から言われる、心無い一言についムッとしてしまう事はありませんか。
自分なりに歯を食いしばって頑張っている時に、こんな言葉は絶対に言われたくないものです。

 

『そんな家事もできないくらい忙しいの?』

仕事が多忙で『忙しい』と感じる忙しさとはまた別物。

自分のペースで休憩を取ることができない中、すべて赤ちゃんのリズムに合わせながら、合間に家事をこなしていく事自体、至難の業なのです。

赤ちゃんが寝ている間に家事を済ませて、『少し休もうかな』と思ったとたんに赤ちゃんが泣き出しておむつ交換と授乳が始まります。

低月齢の赤ちゃんであれば、一人では上手く入眠できずに泣き続けることが多いので、眠りに入るまで抱っこしてユラユラ。
ずっと赤ちゃんを抱っこしていると、腕や腰に負担がかかり、痛めてしまうお母さんも。

「やっと赤ちゃんが寝た」と喜ぶのもつかの間、少しでも物音を立てるとすぐに起きてしまい、また初めからやり直し・・・。

赤ちゃんから目が離せない緊張感と、家事などを自分のペースで進められない焦りの中で、お母さんなりに日々闘っているものなのです。

 

『赤ちゃんなんてほとんど寝ているだけでしょ?』

低月齢の赤ちゃんは、細切れに睡眠をとります。
2〜3時間寝てから、起きておむつ替えと授乳。
ずっとこの繰り返しです。

その他にも、赤ちゃんを連れて外に出たり新しい人に出会ったりすることで赤ちゃんは刺激を受けています。
その刺激で興奮して上手く眠れず、何時間もぐずってお母さんを困らせる事は珍しくありません。

おむつ替えの時も、たまにおしっこやうんちが漏れると全て着替えさせなければならず、特に冬だと「風邪をひかせてはいけない」と焦ってしまうものです。

ミルクや母乳を飲んで眠くなったのかと思えば、しゃっくりで吐き戻してしまう。

赤ちゃんから少しでも離れると、不安で泣いてしまうので、他の人が赤ちゃんを見ていてくれない限り、お母さんが赤ちゃんの側を離れることはできません。

ハイハイやつかまり立ちが出来るようになると寝たままの時とは違い、家の中を自由に動きまわれるようになる為、さらに目が離せなくなります。

赤ちゃんは日々急成長しています。
その成長に合わせて、赤ちゃんの様子や行動も目まぐるしく変わり、お母さんは常にそれらに敏感に対応していかなくてはならないのです。

 

完璧主義はちょっとお休みしましょう

家事と育児の両方を全て完璧にこなすことではありません。
完璧を目指ざすのではなく、「やらなければいけない」という自分の気持ちに上手く折り合いをつけてみてください。

また現代においても、育児や家事は「女性の仕事だ」という考えが根深いですが、家事や育児の全てを「これは私の仕事」とママ自身が捉えず、その固定観念を打ち破っていくことが大切です。

ユル家事のすすめ

一人の力だけで、家事と育児を完璧にこなすことは不可能です。
「私ならやれる」「全て出来ないと、だめなママだ」と一人で抱え込み、頑張りすぎてしまうママが大勢います。
志が高い事は良いことですが、スタートダッシュからアクセル全開だと、途中でエンストしてしまうものです。

育児と家事の両立に慣れるまでは、とにかく家事は【ゆる〜く】にとどめるで良いのです。

100%できなくたってOK!
赤ちゃんもロボットではないですから、毎日同じように過ごしてはくれません。

今日は赤ちゃんが寝ている合間に洗濯物を干せた!
まだ、赤ちゃんのそばを離れて火を使うのが怖いから、料理の下ごしらえだけ終わらせられたら十分!
こんな風に焦らず、1つずつでもクリアできた時には、しっかりと自分を褒めてあげましょう。

また、どうしても家事をしなくてはならない場合や、やらなければ気になってしまう時は、きちんと作業時間を決め「メリハリ」をつけて作業に取り組む事が大切です。

例えば、晩ごはんの支度をどうしてもしなくてはいけないのに、赤ちゃんが寂しいと泣いてしまい放置できない時は、声掛けをすることでメリハリをつけます。
赤ちゃんをママが視界に入る場所に置き、『今ママはお料理をしているから、少し待っていてね。』『あと5分したら、一緒に遊んであげるよ』など声をかけてあげる事で、赤ちゃんは泣きながらもママの愛情を感じる事ができます。
そうすれば、少し赤ちゃんを泣かせておいても、気持ちを割り切って目標時間内に料理を終わらせられるようになります。

 

子育て優先でOK

赤ちゃんが泣くのは当たり前。
『こんなにぐずるのはうちの子だけ?』と心配になったりするものですが、どの赤ちゃんも泣いたりぐずったり、おっぱいを飲むのが仕事なのです。

朝、今日はこれとこれを終わらそうと計画しても、シナリオ通りには行きません。

イライラしてしまいそうなときは、こんな風に考えてみてください。

「赤ちゃんも心地よかった子宮から広い世界に出てきて不安でいっぱいな中、毎日何かしら新しい経験をしたり、新しい人や物に出会ったりと、赤ちゃんもこの世界で生きていくために日々成長しようと一生懸命頑張っているんだな。」

安心できるお母さんの胸の中に居て、安心して眠りたいと思うのも当然。

長い間放っておかれたら、悲しくなったり怒ったりするのも当然。

赤ちゃんが起きているときはしっかりと構ってあげると決めて、家事をする手は止め、赤ちゃんと一緒にソファやベットに横になり、コミュニケーションを楽しんでください。

絵本を読んだり、お歌を歌ってあげるのも良いですね。

赤ちゃんは毎日ものすごいスピードで成長しています。
そんな成長過程を、家事が忙しくて楽しめなかった!という事が無いよう、しっかりと見守ってあげてくださいね。

 


 


 

まとめ

そもそも育児をする事だけでも大変なものです。

もしも『家事も出来る限り頑張りたい』と思っているのであれば、家事と育児のメリハリをつけることを意識してみてください。

しかし、まずは赤ちゃんが最優先、家事はできる分だけでOK!と割り切りましょう。

肩の力を抜いて、休みながら家事も育児も楽しんでいきましょう!

 

スポンサーリンク

-育児
-, ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.