へその緒はいつ取れるのか!へその緒のケアと気をつけるべきトラブル

更新日:

 

妊娠期間中ずっと、赤ちゃんとお母さんの胎盤を繋いでいたへその緒

へその緒は臍帯(さいたい)とも呼ばれ、赤ちゃんに必要な酸素や栄養を運ぶための血管が通っています。

無事に赤ちゃんが生まれ、役割を終えたそのへその緒は、専用のハサミで赤ちゃんから切り離されます。

へその緒が切り離された後、赤ちゃんのへそ周りを消毒せずに放っておくと、雑菌などに触れて炎症を起こす危険性があります。

へそ周りを清潔に保つために、産後は毎日お手入れをすることが重要です。

今回の記事では、お腹に残っているへその緒が産後いつ頃取れるのか、毎日のお手入れのポイント、腫れや膿(うみ)や出血など気をつけるべき症状についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

へその緒はいつ頃取れる?

目安は生後2~3週目

赤ちゃんのへその緒がきれいに取れる時期の目安は、一般的に生後2〜3週後頃といわれています。

専用のハサミで切られ、赤ちゃんのお腹に残ったそのへその緒は、日を追うごとに縮み、茶色へと変化していきます。

乾燥するにしたがって硬くなり、自然にぽろっと取れるケースがほとんどです。

 

生後1か月くらいまでは様子を見てOK

へその緒が取れる時期には当然個人差があります

赤ちゃんによっては、一般的なへその緒が取れる時期である「生後2〜3週」よりも早く取れたり、もしくは遅くなる可能性は大いにあります。

へその緒が順調に乾燥していっているようであれば、生後1ヶ月頃までは様子をみるようにして問題はありません。

出血したり細菌に感染する原因となってしまうので、へその緒がなかなか取れないからといって、やたらへその緒を触ったり、むやみに取ろうとすることはしないでください。

へその緒辺りから出血してなかなか止まらない場合や、膿ができて独特で嫌な臭いがするなどの異常がない限りは、気にしすぎず自然に取れるまで待ってみましょう。

 

 

沐浴後のお手入れはしっかりと

出産後に赤ちゃんのお世話が始まると、おへそのお手入れについてやり方や注意点など、医師や助産師から説明を受けます。

お手入れのタイミングとしては、毎日の沐浴後、赤ちゃんのお肌が清潔な状態で行うようにしましょう。

 

綿棒などで水分を優しく拭き取る

赤ちゃんの体や頭を拭いた後、おへそ周りもしっかりと水気を拭き取る必要があります。

タオルだと、へその緒とおへその間の細い隙間の水分まで拭き取りきれないので、ベビー綿棒などを使い、優しく水分を拭き取ってあげてください。

おへそ周りにゴミがたまっていることもあるので、根元の方まできちんと綺麗にしてあげましょう。

 

ジュクジュクする間は毎日の消毒をしっかり行う

まだおへそ周りがジュクジュクしている間は、清潔にしていないと細菌に感染してしまう可能性が高まります。

へその緒が乾燥し自然に取れるまではもちろん、へその緒が取れた後も1〜2週間程度は、毎日のおへその消毒を欠かさないようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

こんな症状は要注意

おへそ・へその緒周りのトラブルによって、痛みで赤ちゃんがぐずってしまうことも・・・。

おへそに異常があるときは、赤ちゃんがおへそを触らないように注意したり、おむつで覆われてしまい蒸れないようにするなど気をつけてあげてください。

おへそとその周りが赤く腫れている

へその緒が取れた後も油断は禁物です。

へその緒が取れた跡の部分に、*ブドウ球菌などの細菌が感染しておへその周りが赤くなる、「臍炎(さいえん)」と呼ばれる炎症を起こすことがあります。

臍炎が悪化すると、おへそがジュクジュクと湿った状態が続き、出血や痛みを伴うので、赤ちゃんがぐずりやすくなります。

放っておくと細菌が全身に広がったり、炎症がお腹の中にまで入っていってしまうことも。

臍炎にかかった場合、毎日の消毒に加えて、病院から処方される軟膏(なんこう)を塗って治療していくことが一般的です。

臍炎の症状が見られ、様子がおかしいと思ったら、すぐに病院を受診してください。

 

*ブドウ球菌・・・人間の皮膚や鼻腔に常在している菌で、皮膚の化膿症や中耳炎、肺炎、気管支炎、食中毒の原因になることもある。

 

ジュクジュクして膿が出ている

おへそのジュクジュクが続く場合、「臍肉芽腫(さいにくげしゅ)」かもしれません。

臍肉芽腫では、おへその中にしこりができ、しこり部分が炎症でジュクジュクする・赤みを帯びる・出血するなどの症状が見られます。

しこりの大きさは、米粒よりも小さいものから、おへそ全体に及ぶ大きいものまで様々です。

治療する場合、一般的にはしこりの根元を糸で縛り自然に取れるのを待ちます。

そのほかにも、専用のお薬でしこりを焼き取ることもあります。

臍肉芽腫の症状が見られる場合も、早めに病院を受診してください。

 

出血が止まらない

へその緒には血管が通っていたため、専用のハサミで切断した断面から出血することがあります。

すぐに出血がおさまったり、少量の出血などで済むようであれば問題はありません。

もしも退院後に出血が止まらなかったり、大量に出血する場合はすぐに病院を受診しましょう。

 

まとめ

へその緒が取れるタイミングには個人差があるので、なかなか取れなくても心配しすぎず、気長に待ちましょう。

おへそ周りを毎日清潔にしていても、腫れやジュクジュク、嫌な臭いがあるといった異常があれば、早めに受診するようにしてくださいね。

沐浴の最中や服を着替えさせている間に、へその緒が気づかないうちに取れていて、無くしてしまったというお母さんは沢山いるようです。

赤ちゃんとお母さんを繋いでいた証である大切なへその緒。

無くさないよう毎日お手入れをしながら様子を観察し、自然に取れた時は大切に保管してあげてください。

 

 

 


 

スポンサーリンク

-出産, 育児
-, , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.