おむつかぶれにおすすめの薬|原因と対策、薬の使い方などまとめ

更新日:

 

赤ちゃんのおしりはとってもデリケート。
おむつ替えの間隔が少し長くあいてしまったり、汗をかいたりしただけでも、あっという間におしりがかぶれてしまうことがあります。

もちろん体質によってかぶれやすい子、かぶれにくい子と分かれますが、そもそも赤ちゃんのおしりがかぶれる原因は何なのでしょうか。

この記事では赤ちゃんのおしりが荒れやすい理由や、赤ちゃんのおむつかぶれの予防策、そして治療法についてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

おむつかぶれの見分け方

おむつかぶれは、医学的には「おむつ皮膚炎」といい、おむつでおおわれた部分の皮膚に起こる炎症です。
おむつが触れている部分の肌が赤くなり炎症を起こしたり、ポツポツしたあせものような湿疹が現れることもあります。

炎症が起こると、かゆみひりひりした痛みをともない、ひどくなるとただれて血が滲み、かさぶたができる赤ちゃんもいるほどです。

また、ウエストや太ももまわりの紙おむつのギャザーがあたる部分での皮膚炎も、おむつかぶれに分類されます。

アトピー性皮膚炎やあせもとの見分け方は、おむつかぶれでは【肌がおむつにあたっているところだけに炎症が起こっている】という事です。

おむつが触れている表面部分がかぶれる事がほとんどなので、おむつかぶれで性器のしわの奥まで赤くなることはまずありません。
とくに夏場は、おむつの中にあせもができやすいので、おむつかぶれとあせもを間違えてしまうケースもよくあります。

おしりをふいたら痛がって泣いたり、おむつを外すとかゆがっておしりに手をやったり、入浴時おしりにお湯をかけると激しく泣くなどの反応がみられたら、おむつかぶれの可能性が高いといえます。

 

おむつかぶれの原因

おむつかぶれの原因はひとつではありません。
赤ちゃんの肌はとても薄く、バリア機能が不十分で、外的刺激にとても敏感です。

下記のように、さまざまな要因がからみ合っておむつかぶれは起こります。

 

・汗や排泄物の水分で蒸れたおしりが強くこすれてしまう

・おしっこやうんちの酵素・アンモニア・細菌の影響

・おむつの繊維で肌が擦れてしまう・・・など

 

尿や便

おしっこの見た目は透明な水のようですが、その中には、腎臓でろ過された体内の老廃物を含んでいます。
その老廃物には、デリケートな赤ちゃんの肌を刺激する成分が含まれていて、時間が経てばたつほど、より肌への刺激が強まるのです。

うんちにも腸内細菌酵素など、赤ちゃんの肌を刺激する成分がたくさん含まれています。

特に注意したいのが、下痢です。
下痢のうんちは刺激性が強く、肌に大きなダメージをあたえてしまうからです。
特に下痢のうんちは長時間放置したままにしないよう注意しましょう。
 

蒸れ

元気いっぱいに動く赤ちゃんは、おしりにも汗をかきます。
さらにそこにおしっこをしてしまうと、オムツの中はひどく蒸れた状態になります。

おむつの中の蒸れた肌がふやけることで、肌が老廃物からの刺激を受けやすくなってしまうのです。

擦れ

おむつ替えの際に、おしりふきでおしりを拭くときも注意が必要です。
赤ちゃんの肌は薄くてデリケートなため、肌を強くこすったつもりはなくても、気づかないうちに肌が擦れ、そこから炎症が始まることもあります。

カンジダ菌

赤ちゃんのおしりを清潔にし乾燥させるよう心掛けても、一向に症状が改善されない場合は、おむつかぶれとよく似た症状である「皮膚カンジダ症」にかかっているかもしれません。

「カンジダ菌」というカビの1種による感染症で、おむつかぶれとは異なります。
皮膚のしわの部分や、尿や便が直接触れないような部分にも発疹が広がることが、おむつかぶれと見分けるポイントです。

 

スポンサーリンク

 

おむつかぶれにおすすめの薬

 

非ステロイド外用薬

おむつかぶれの症状が比較的軽い場合や、初期症状に対して処方されることの多い薬です。

薬をガーゼに付け、かぶれている部分に塗布します。

非ステロイド外用薬には、亜鉛華単軟膏コンベック軟膏ベシカム軟膏などがあります。

非ステロイドの市販薬としては、ポリベビーがあります。
病院を受診せずに入手できるため、常備しているママも少なくないようですが、もちろん症状が悪化した場合には病院を受診し、薬を処方してもらう必要があります。
乳児湿疹やあせもにも使えるので、常備しておくと安心ですよ。

 
乳児湿疹・おむつかぶれ・あせも用市販薬「ポリベビー」(佐藤製薬)

 

ステロイド外用薬

おむつかぶれがひどい場合に、ひどい箇所だけに使用します。
症状が和らぐまでの“数日間”と期間を限定して使用することの多い薬です。

ステロイド外用薬には、【最も強い】→【かなり強い】→【強い】→【中程度】→【弱い】の5段階の強さがあります。

おむつかぶれで病院から処方されるのは、エキザルベ軟膏キンダベート軟膏などの中程度もしくは、弱い外用薬が多いようです。

ステロイドが入っている市販薬は、赤ちゃんの肌には刺激が強いので、自己判断で使用することはやめてください。
医師から処方されたステロイド外用薬を、「ステロイドは強いから子どもに使いたくない!」と使用しないママもいるようですが、それではかえって症状を悪化させてしまいます。

薬は医師の処方通りに使用することが大切で、ステロイド外用薬も、用法・用量や期限を守って使用すれば特に心配はいりません。

保湿剤

おむつかぶれの炎症が軽い場合や、予防のためには、アズノール軟膏のような保湿薬がよく処方されます。

市販されているものでは、ベビーローションワセリンが挙げられます。

油成分が含まれていて、おしりの表面を保護し水を弾くので、赤ちゃんのおしりを尿や便の刺激から守ってくれます。

抗真菌外用薬

カンジダ菌によるおむつかぶれの場合は、カンジダに対する抗真菌外用薬を使用します。
主な外用薬として、ラシミールニゾラールなどが挙げられます。

もしもカンジダ菌に対して、おむつかぶれ用に処方されたステロイド外用薬を使用してしまうと、症状が悪化しかねないので、使用をやめてすぐに病院を受診してください。

薬の正しい塗り方

薬を塗る前は、必ず患部を清潔に保ちましょう。

尿や便の汚れを落とすため、1日1回は石鹸を使っておしりを洗ってあげましょう(入浴時など)。
擦ると痛がる場合があるので、おしりふきを使うのではなく、手で優しく洗ってあげます。
かぶれが酷く、おしりを洗う時に泣くようであれば、ぬるま湯を使うと良いですよ。

入浴時以外でおしりをきれいにしたい場合は、コットンにぬるま湯をたっぷり含ませ、汚れを洗い流すようにそっとふき取ってあげてください。

おしりがきれいになれば、薬を塗っていきます。
薬を塗るママの手も清潔にすることを忘れないでくださいね。
手で薬が塗りにくい場合は、ガーゼや綿棒を使って薬を塗布しても問題ありません。

また摩擦刺激も赤ちゃんの敏感肌には大敵なので、薬をおしりに強く塗り込むのではなく、やさしく薄く伸ばすように塗ってあげてください。

まとめ

赤ちゃんのおむつかぶれは1度治ったとしても、おむつ環境が悪ければたびたび繰り返してしまうことも珍しくありません。

毎日のお風呂やおむつ替えのタイミングで、こまめにお肌のチェックをしてあげると、おむつかぶれを早期発見することができますよ。
大切な赤ちゃんのおしりを守ってあげてくださいね。
 

 

スポンサーリンク

-育児, 赤ちゃん向けアイテム
-,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.