保育園はいつから入れるのが理想?早く預けると良くないって本当?

更新日:

共働きの家庭の数が増加するのに伴い、子どもを保育園幼稚園に預ける家庭もますます増えています。

ゆくゆくは仕事に復帰したい、再就職をしたいと考えている場合、一体いつから保育園・幼稚園に通わせるのが良いのでしょうか。

『早く仕事に戻りたい』『産後すぐに新しい仕事に就きたい』と思っていても、周りの人から「赤ちゃんの時期は少しでも長い時間お母さんと一緒に居る方が良い」と言われ、子どもを保育園に預け始めるタイミングをいつにするのか迷ってしまうお母さんは大勢います。

今回は三歳児神話【3年保育】【2年保育】などを例に挙げながら、子どもを園に入れるタイミングについてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

三歳児神話

『三歳児神話』という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

子どもが3歳になるまでは、母親のもとで子どもが育てられるべきで、さもなければ子どもの成長に悪い影響があるという考え方です。

最近ではこの考え方に合理的な根拠はないとされ、あまり語られなくなりました。

しかしなぜこの三歳児神話が誕生し、世間で語り継がれるようになったのでしょうか。

また、産後早く働き始めたいママにとって、解決策はあるのでしょうか。

 

基本的信頼感

子どもにとって3歳になるまでの期間というのは、心の発達において非常に重要な時期だとされています。

特にこの時期に母親との深い愛情関係や愛着関係をしっかりと築くことで、人間に対する「基本的信頼感」が形成されていきます。

ではもしこの3歳までの時期に、子どもの欲求や不安に対して十分に応えてあげられない場合はどうなるのでしょうか?

泣く、ぐずる、笑うなどの赤ちゃんのサインに対して十分な反応が得られない場合、赤ちゃんは周りに対して『不信感』を抱くようになります。

自分を取り巻く環境や、自分自身さえも信じられなくなってしまい、その後の人生に大きく影響していくと言われています。

特に対人関係社会生活の中で不信感が働いてしまい、自分では上手く対処できなくなってしまうのです。

 

 

専業主婦とワーキングママ

一昔前は、子どもが非行など問題行動を起こすのは母親が産後早くから仕事をしているからだという考えが強かったため、産後の女性の職場復帰や再就職はあまり良く思われていませんでした。

一方女性の社会進出が進む現代では、「ワーキングママ」の数が確実に増えてきています。

現代の多くのワーキングママたちは、育児と仕事のバランスをどのようにとっていくべきなのでしょうか。

心の成長において3歳児までの経験がとても大切だ、という三歳児神話の考え方は間違っていません。

しかし、実は育児をする者が必ずしも母親でなければならないという事ではないのです。

子どもが「お母さんのような」関わりを経験できるかどうかがカギとなります。

専業主婦であれ、ワーキングママであれ、子供と触れ合う時間の質を今一度見直してみましょう。
 

たとえ専業主婦でお母さん自身が子どもを育児できる環境だとしても、それだけで良いわけではありません。

母親が育児ストレスでイライラしていたり、家事に追われ十分なスキンシップを取れない状況が続くと、子どもの心に不信感が強まっていきます。

つらい時や深呼吸したい時、周りのサポートを受け、自分のための時間を持ちリフレッシュするようにしてください。

 

気持ちが切り替わったら、また笑顔で愛情たっぷり子どもと向き合ってあげてください。
 

一方ワーキングママとして働いていたとしても、保育園などを利用することで保育士さんが母親の代わりとなり、子どもとしっかりとスキンシップをとってくれます。

ただ気を付けたいのは、あくまでも子どもが成長する主な環境は家庭であるという事。

専業主婦と比べて子どもとかかわる時間が短いとしても、家族のだんらんの時間を大切にして、限られた時間内で子どもとたっぷりと関わりましょう。

母子ともに笑顔にあふれた安らぎの時間を共に過ごし絆を深めることで、働いて育児ができない時間をカバーすることができるのです。

 


 

スポンサーリンク

 

3年保育と2年保育

 

子どもをいつから幼稚園または保育園に預け始めるかを検討するときに、議論となるのが3年保育2年保育のどちらにするかという事です。

3年保育とは、満3歳で入園し「年少クラス」入り、3年間園に通うことを指します。

一方2年保育とは、満4歳から入園し、年中・年長の2年間園に通うことを意味します。

それぞれのメリットデメリットを見てみましょう。

 

◆3年保育のメリット

・早い段階から集団生活に慣れることができる

・早い段階から同世代の友達と触れ合える

・共同生活から学ぶことが多く、心身共に成長が速い

 

◆3年保育のデメリット

・免疫機能が未熟なため、ほかの子どもから病気をもらいやすい

・保育料がかかる

 

◇2年保育のメリット

・経済的負担が少ない

・親と一緒に過ごす時間が十分に持てる

・幼稚園に通うことに抵抗が少ない

 

◇2年保育のデメリット

・入園まで、同年代の友達が作りにくい

・ママ友や子どものグループに後から入りにくい

 
最近ではどちらかというと3年保育が主流になっていますが、3年保育でなければならないことはありません。

親が働くかどうかなど家庭の状況はもちろんですが、子どもの性格や親子の関係もしっかりと考慮した上で、どちらにするのかを決定するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

家庭の状況や、方針などはそれぞれ異なるため、

保育園や幼稚園に子どもを預けるタイミングに正解はありません。

 

子どもと居られる時間が長くても短くても、その時間の質を意識することが大切です。

保育園や幼稚園、その他のサービスなどを上手に取り入れ、笑顔あふれる愛情たっぷりの子育てを楽しみましょう!

 

 

スポンサーリンク

-育児
-, , , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.