夜泣きの寝不足対策|イライラせずに乗り切る知恵

更新日:

お腹を痛めて産んだ我が子は、可愛さもひとしお。

一つ一つの仕草が愛おしくて、見ているだけで幸せな気持ちになります。

そんな大切な赤ちゃんも、「可愛い」と思えない瞬間があります。

特に出産して間もない、産褥期(さんじょくき)のお母さんの身体は回復しきっていません。

「横になって少し休みたい、眠りたい」と思っていても、昼夜の区別がまだついていない赤ちゃんのリズムに振り回されてしまいクタクタ。

赤ちゃんの夜泣きが止まらず何時間もお世話をしていると、気づかないうちに身体は疲労困憊。

精神的にもイライラがMAXになり追い詰められてしまいます。

我慢できずに、赤ちゃんに怒鳴ってしまうことも・・・。

 

しかし赤ちゃんにイライラして怒鳴ったとしても、夜泣きはおさまりませんし、むしろ逆効果です。

では、赤ちゃんの夜泣きでイライラしたときはどのように対処すればよいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

イライラしてどうしようもない時の対処法

人はひどい睡眠不足が続くと、脳の前頭葉への血の流れが悪くなり、その働きが鈍くなります。

その結果、集中力や思考力が低下し、感情のコントロール機能が適切に働かなくなってしまいます。

寝不足の中赤ちゃんの夜泣きが続いてしまうと、どうしてもイライラが爆発しやすくなってしまうのです。

毎晩続く終わりのない赤ちゃんの夜泣きに耐えきれず、ついつい赤ちゃんに八つ当たりしてしまったり、無表情・無口に赤ちゃんと接してしまったりするお母さんは少なくありません。

それによって赤ちゃんも恐怖で不安になってしまい、夜泣きがひどくなるという悪循環が起きてしまうのです。

赤ちゃんから離れる

お母さんが追い詰められてしまい、赤ちゃんに笑いかけられなくる・怒鳴りたくなる・八つ当たりをしてしまいそうになる時は、赤ちゃんと少し距離を取りましょう。

必ず赤ちゃんの安全を確保したうえで、赤ちゃんを別の部屋に移動させるなどして、少しの時間別々の空間で過ごします。

赤ちゃんは引き続き大声で泣いていると思いますが、数分程度であれば泣かせておいても問題はありません。

少しだけでも赤ちゃんと離れ、自分の気持ちを整理する時間をもつことで、心が鎮まることがあります。

お母さんがイライラしたままでいると、それが赤ちゃんに伝わり赤ちゃんがさらに不安になってしまうだけなので、なるべく早いタイミングで気持ちを落ち着けるようにしてみてください。

赤ちゃんが寝ている間はできるだけ睡眠をとる

せっかく赤ちゃんが寝ているその間に・・・と、あれもこれもやりたくなる気持ちもわかりますが、

なるべく赤ちゃんと同じリズムで、お母さんもしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

赤ちゃんのこと以外にやるべきことが他にあることもわかりますが、まずは自分の気力と体力を十分にチャージすることを最優先にしてください。

日中少しでも寝ておくことで、夜の赤ちゃんのお世話の時に比較的心に余裕がうまれ、イライラが軽減されるのです。

 

 

旦那さん・両親に協力を仰ごう

旦那さんが休みの日や親に預けられる日には赤ちゃんを見てもらい、外出して気分転換をしたり、ゆっくり寝て身体を休める事も大切です。

育休・産休中は、働いている旦那さんや親に遠慮していまいがちになります。

しかし誰の協力もなしに1人で育児をやっていくことは想像以上に大変です。

もしかすると、旦那さんにはそのつらさや大変さがどれ程のものなのか、なかなか理解できないかもしれません。

2人の子どもである事共に育てていく事を再認識し、協力してもらいましょう。

一時サービスに預ける

子育てママを応援する、様々な支援やサービスが地方ごとに存在します。

身内に頼むことが難しいようであれば、一時保育などのサービスを活用しましょう。

たまったストレスを上手に発散し、きれいに疲れを取ることが最優先です。

余裕を持って赤ちゃんに笑顔で接することのできる心身状態を保てるようにしましょう。

赤ちゃんの生活リズムに気を付ける

普段赤ちゃんはその日に受けた刺激を脳内で情報整理しています。

赤ちゃんの夜泣きは、日中の遊びや体験で受けた強い刺激によって起こるといわれています。

刺激の強い経験をしていると、睡眠中の情報整理のときにそれを怖い夢として思い出してしまい、夜泣きしてしまうのです。

強い刺激を与えすぎない事が赤ちゃんの夜泣き防止になるのですが、赤ちゃんが強い刺激を受けたかどうかを判断することはなかなか難しいので、赤ちゃんが夜泣きを始めたらなるべく安心させてあげるようにしましょう。

脳の発達とともに、上手に情報整理も出来る様になってきますので、成長していくうちに夜泣きも段々となくなってきます。

夜泣きをする時期はお母さんにとっても非常につらいですが、昼間に赤ちゃんと一緒にお昼寝をするなどして、睡眠不足や体力を回復するようにしましょう。

慣れない育児に奔走し、自分のことは後回しになりがちです。

しかしまずはお母さん自身のケアを行い、心身のバランスを整えるよう心がけ、かけがえのないあなたの赤ちゃんと最高にハッピーな時間を沢山過ごせますように!


 

 

スポンサーリンク

-育児
-, , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.