幼稚園と保育園【どっちがいいか】長所と短所や比較するポイント

更新日:

女性が社会で幅広く活躍する現代。

子どもを持つ家庭にとって、幼稚園保育園はとてもありがたい存在ですよね。

多くの家庭では、子どもの年齢ではなく家庭や親の仕事の都合によって、入園のタイミングを選んでいます。

仕事を始めるために保育園を検討している世帯もあれば、幼稚園入園までは家庭で育児を頑張るという世帯もあり、産後に職場復帰(もしくは新たに就職)するタイミングはそれぞれ異なります。

大切な我が子を預ける幼稚園や保育園。

それぞれの役割や特徴をしっかりと理解し、家庭のニーズに合わせて選びたいところですね。

 

スポンサーリンク

 

幼稚園と保育園の違いとは

では、幼稚園と保育園はどのように異なるのでしょうか?

ここからは具体的に、それぞれの特徴を紹介していきます。

管轄や法律が違う

【幼稚園】

・管轄は文部科学省

・学校教育法に基づく

 

【保育園】

・管轄は厚生労働省

・児童福祉法に基づく

 

目的が違う

【幼稚園】

幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。

引用:【学校教育法】(幼稚園関係抜粋)- 文部科学省

 

小学校に入る前の準備や、学校教育法で定められた目標を達成するよう努力する、とされています。

 

【保育園】

保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ることを目的とする児童福祉施設。

引用:保育所保育指針解説書 - 厚生労働省

 

幼稚園のように、小学校に入る準備や教育そのものに重きを置いているわけではありません。

仕事などで育児ができない保護者の代わりに、乳幼児を預かり保育をすることを目的としています。

 

対象年齢が違う

【幼稚園】

基本的には、3歳になった春~小学校入学前の幼児が対象。

(一部では3歳の誕生日の前日からの入園を認める幼稚園や、子育て支援の一環として、2歳児などの保育を行う幼稚園も出てきている)

 

【保育園】

基本的に0歳~5歳の乳児・幼児が対象。

(一部では放課後の小学生の受け入れを行う保育園も出てきている。)

※0歳の場合、入園できる月齢が異なります。

 

保育料が違う

【幼稚園】

  • 学校法人や自治体などの幼稚園を設置した団体が金額を決定する。
  • 保育料は幼稚園に納付する。
  • 私立幼稚園に子どもを預けている保護者には、自治体から就園奨励費などの補助金が支払われる制度がある。
  • 施設型給付を受ける幼稚園では、親の世帯収入に応じた保育料を収めるため、就園奨励費などの助成はない。
  • 入園金や、園指定の制服やグッズの購入が必要な場合がある。
  • 時間外保育には延長料金が必要となる。

 

【保育園】

  • 認可保育園の場合、保護者の世帯収入に応じて市区町村長が金額を決定する。
  • 認可外保育園の場合、各園が金額を決定する。
  • 保育料は市町村に納付する。
  • 時間外保育には延長料金が必要となる。
  • 2人目以降は保育料が安くなる。

 

スポンサーリンク

 

それぞれのメリットは

 

【幼稚園】

それぞれの園で教育方針などに特色があり、保護者が子どもを入園させたい園を自由に選ぶことができる。

 

【保育園】

・子どもを0歳児から預けることができる。

・子どもの生活リズムに沿った保育を受けることができる。

・夜間保育や土曜保育などを行う園もあり、原則夏休みなどの長期休暇は存在しない。

 

 

 

幼稚園と保育園の両方の良さを持った「認定こども園」

『認定こども園』は、幼稚園と保育園の両方の良さを兼ね備えた施設として注目されています。

保護者が働いている・いないに関わらず就学前の子どもを受け入れて、幼児教育と保育のどちらも提供しています。

そのほかにも、地域のすべての子育て家庭対象の支援として、子育ての相談を受けたり、親子が集まれる場を提供したりしています。

子ども園は地域の実情や保護者のニーズによって選択できるよう、4つのタイプに分かれています。

◆幼保連帯型

幼稚園と保育園、2つの機能を併せ持つ施設。

認定こども園として機能するタイプ

 

◆幼稚園型

認可幼稚園が≪保育園≫の役割を取り入れて、認定こども園として機能するタイプ。

(保育が必要な子どものために保育時間を確保するなど。)

 

◆保育所型

認可保育園が≪幼稚園≫の役割を取り入れて、認定こども園として機能するタイプ。

(保育が必要な子ども以外も受け入れるなど。)

 

◆地方裁量型

待機児童問題解消のため、幼稚園と保育園どちらの認可もない地域の教育施設をもとに、新たに認定こども園として機能するタイプ。

 

まとめ

以前は「働くママは保育園に」「専業主婦は幼稚園に」と預け先がなんとなく決まっていました。

しかし最近では、保育園・幼稚園の両方の機能を持つ子ども園が増え、選択肢が広がっています。

子ども園の存在だけでなく、一部の幼稚園でも時代のニーズにあわせて柔軟に対応する園も出てきています。

夏休みなどの長期休業期間中や、朝夕の時間帯に『預かり保育』を行うことで、夫婦共働きの家庭も幼稚園に預けられるようになってきました。

幼稚園は教育ベース・保育園は福祉ベースのため、「学力の差がでてくるのでは・・・」と気にするお母さんもいるようです。

しかし園によって、生活スタイルや教育方針は本当に様々です。

「幼稚園だから」「保育園だから」学力が高い・低いと一概には決めつけられないものです。

保育園であれ幼稚園であれ、その家庭に合う(生活リズムや仕事時間など)候補の園をいくつか見学してみてください。

周りの家庭と比較することはありません。

自分のこどもがのびのびと過ごせて、安心して預けられるような園を見つけられるとよいですね。

 

スポンサーリンク

-育児
-, ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.