離乳食でアレルギーが出た時の病院に行く目安とアレルギーのこと

更新日:

生後5~6カ月頃から始まる離乳食
離乳食が始まると、まず気になるのが『食物アレルギー』ではないでしょうか。

どの食べ物にアレルギーがあるのかは、残念ながら実際に食べてみるまでわからないというケースがほとんどです。

アレルギーを恐れて、摂取する食べ物が偏るのもよくありません。

安心して赤ちゃんに離乳食を与えるために、離乳食のアレルギー症状食品を食べさせる際に気を付けることアレルギーが起こった時の受診の目安などについて学んでおきましょう。

 

スポンサーリンク

 

アレルギーとは?

 

私たちの体には、免疫反応という体内に侵入してきた異物を攻撃し、体を守ろうとする働きが備わっています。

この働きが、ある特定の異物に対して過剰に反応してしまう現象『アレルギー反応』といいます。

食べ物に含まれる主にタンパク質を異物(アレルゲン)として体が認識してしまうことで食物アレルギーが起こります。

そして離乳食が始まる時期の赤ちゃんは、まだ消化機能や腸のバリア機能が成熟しておらず、異物(アレルゲン)と認識されやすいタンパク質を分解する力がまだまだ弱いため、食物アレルギーを起こしやすいのです。

 

スポンサーリンク

 

アレルギーのタイプ

アレルギーは主に2つのタイプに分類されます。

即時型反応

食べ物を摂取してから30分以内という短い時間で出るアレルギー反応の事を即時型反応と言います。

即時型反応の特徴としては、全身症状をはじめとし、呼吸器症状(鼻水、喘鳴、呼吸困難など)や眼症状(結膜充血、流涙)、皮膚症状(紅斑、かゆみ、発疹)等が挙げられます。

よく起こるアレルギー症状の大半は、この即時型反応のタイプに分類されます。

即時型反応の1つとして、十分に注意しなければならないのが『アナフィラキシー』です。

アナフィラキシーとは、発症後極めて短い時間内に、全身の複数の臓器(皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など)にアレルギー症状が出る反応です。

血圧低下意識障害を引き起こし、最悪の場合は命を落とす危険性さえあるのです。

非即時型反応

食べ物を摂取してから、ある程度の時間が経って反応が出ることが多く、皮膚疾患消化器疾患などが見られることもあります。

非即時型反応の場合、食材を摂取してから1日~2日後に症状が見られる場合も多く、アレルゲンである食べ物を特定しにくいという難点があります。

 

初めて食べる食品をあげるときに気をつけるポイント

初めての食材を与える場合、できる限り1食に1種類を少量ずつに与えるようにしましょう。

1食に1種類ずつ与えることで、万が一アレルギー反応が出た場合、どの食材に反応したのか特定しやすくなります

初めて食べる食品は午前中に

アレルギー症状の多くは食後1~2時間後に現れることがほとんどです。

赤ちゃんの異変に気付いてから、すぐに受診できるように、比較的時間に余裕がある日の午前中に挑戦することをお勧めします。

ひと口ずつゆっくりと

初めて食べる食べ物は、まず一口量で様子を見るようにしましょう。

特に異変がなければ、徐々に量を増やしていきます。

少量であれば、アレルギーがおこった際にも軽い症状で済みます。

受診の目安

アレルギーを起こすかどうか、またその症状には個人差があります。

極端に特定の食べ物を避けるなどの自己判断はやめましょう

家族の体質や赤ちゃんの様子によって、どのようにアレルギーを克服していくかその方法は異なりますので、気になる事があれば必ず医師や専門家に相談してみましょう

蕁麻疹(じんましん)などの症状は一時的で、受診時までに症状が消えていることもあります。

医師に的確に診断してもらうためにも、アレルギー症状が出た際にはデジタルカメラやスマートフォンで該当箇所の写真を撮っておくことをお勧めします。

受診した際には、出ている症状の他に【症状の範囲】【程度】【いつ何を食べたか】【行った処置】にいたるまで、医師になるべく詳細を伝えられるようにしておきましょう。

離乳食のアレルギー対策として、食事日記をつけておくと便利です。

どのような症状が出た場合にアレルギーを疑うのか、その目安として、食物アレルギーの主な症状を紹介します。

消化器系
嘔吐、腹痛、吐き気、血便、下痢

粘膜
眼: かゆみ、流涙、まぶたの腫れ
鼻: 鼻水、くしゃみ、鼻詰まり

呼吸器系
声のかすれ、喉のかゆみ、チアノーゼ、呼吸困難、咳、胸の圧迫感、喘鳴、食べ物を飲み込めない

皮膚
赤い腫れ、かゆみ、蕁麻疹

神経系
頭痛、ぐったりしている、意識障害

循環器系
手足が冷たい、脈拍異常、血圧低下、顔が青白くなる

全身性
アナフィラキシー(上記の複数の症状)

 

 

まとめ

初めての離乳食ではアレルギー反応がでないかと心配になりますよね。

しかし事前にアレルギーについて少しでも知っておくことで、症状が出た時にも慌てずに対処することができます。

食べ物によっては、一時的なアレルギーもあり、ある程度の年齢で症状が無くなる場合もあるので、あまり神経質になりすぎず、子どもにはなるべく多くの食材を食べさせてあげましょう。

 

スポンサーリンク

-育児
-, ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.