授乳時期の乳首トラブル!乳首が切れて痛い時の薬と対処法

更新日:

母乳育児で経験する悩みのひとつに、乳首の切れ・痛みがありますね。

 

赤ちゃんは必死でおっぱいを飲むわけですから、その力は相当なもの。

それだけに、乳首の痛みに悩んでいるママはとても多いのです。

 

でも、赤ちゃんとママの幸せで大切な授乳が、痛みに耐える辛い時間となってしまってはもったいないですよね!

ここで、乳首が切れる原因とその対処法・予防法について知り、幸せな授乳を取り戻しましょう!

 

乳首が切れてしまう原因は色々!

赤ちゃんとの幸せに浸りたい授乳タイムなのに、こんな痛い思いをするなんて…

改善のために、まず乳首が切れる原因を考えてみましょう。

 

くわえ方

赤ちゃんが乳首を浅くくわえて吸っていませんか?

赤ちゃんだっておっぱいを飲むのに慣れているわけではありませんから、正しいくわえ方が分からない子もいます。

くわえ方が浅すぎると、乳首だけに吸引力がかかって柔らかい皮膚が切れてしまうのです。

 

授乳回数・授乳時間

新生児の頃に多い原因の一つで、まだ飲み方が下手なのかもしれません。

それによって、目安の授乳タイムではお腹いっぱいになれず、すぐに空腹で泣く・なかなか飲み終りにならないなどで授乳の時間や回数が増えます。

 

また、月齢が進んでからだと、ママに甘えていたくて授乳回数や時間が増える場合もあるようです。

どちらも乳首に負担がかかっている時間が多いので、傷になりやすいですね。

 

乳頭の形

陥没乳首扁平乳首の場合、赤ちゃんの口とおっぱいの間に隙間が開いてしまい、皮膚の薄い部分を吸われるので切れてしまいます。

また、乳首が硬くて伸びにくい場合も赤ちゃんにとっては飲みにくく、より強く吸うので乳首が切れることになります。

引用:インターネットホスピタル

 

乳首の乾燥・蒸れ

授乳後、赤ちゃんの唾液を拭かずにいると、乳首の皮膚が乾燥して切れやすくなります。

また湿った状態でいても、蒸れたまま下着にこすれるなどして傷になります。

 

赤ちゃんの歯

歯の生え始めはムズ痒くて、授乳中につい乳首を噛んでしまう赤ちゃんもいます。

痛がるママの反応を、喜んでいると勘違いしてしまい繰り返すこともあるようです。

 

授乳時期に乳首に使っても大丈夫な薬

赤ちゃんの口に触れる乳首に薬を使用するのは恐くて、ずっと痛みに耐えながら授乳を続けるママも少なくありません。

でも安心して下さい。

赤ちゃんの口に入っても無害で、乳首の傷を治すお薬は色々ありますよ!

引用:薬師堂ソンバーユ

引用:カネソンピアバーユ

引用:Medela(メデラ)ピュアレーン

引用:カネソンランシノー

いずれも、授乳後や乳首に違和感のある時に、優しく乳首に塗ります。

赤ちゃんの口に入っても大丈夫な成分なので授乳前に拭き取る必要がないとされていますから、心配性のママでも、これなら拭き取り忘れに気付いて慌てたりせずに済みそうですね。

 

実は市販の薬以外に、乳首に母乳を塗るという応急処置も有効なんですよ!

母乳には天然の治癒成分がたくさん含まれているので、皮膚の傷の修復を助けてくれるのです。

今すぐ薬が入手できない場合には、母乳自体の力を活用すると良いかもしれません。

 

乳首裂傷の予防や対処法

さて、早く治るようにお薬を塗ったあとは、再発しないように気を付ける点を見ていきましょう。

もし出産前であれば、予防することで痛い思いをせずに済むのでおススメします!

上記で紹介した乳首に使える塗り薬も、出産前から使えば授乳時期の乳首の切れを予防できますよ。

 

その他には…

乳頭保護器

ママの乳首に被せる薄いカバーで、乳首の傷を授乳の負担から守ってくれます。

これも、切れる前の予防としても使用できます。

引用:乳頭保護器について|助産師カンナのブログ

 

深くくわえさせる

くわえ方が浅すぎると、乳首だけに吸引力がかかって柔らかい皮膚が切れてしまうんでしたね。

そこで、乳首を赤ちゃんの口元に近づけたり赤ちゃんの頬を軽くツンツン!としてみて、赤ちゃんがアーンと大きく口を開けたら乳輪ごとすっぽり深くくわえさせましょう。

また、授乳終わりも引っ張ったりせずに、赤ちゃんの口元に指を添えて赤ちゃんの口を開けさせてからゆっくり離れてくださいね。

 

搾乳器を使う

授乳回数や授乳時間が多い(長い)かな?と思う場合や、陥没乳頭・扁平乳頭の方におススメです。

手動と電動があり、どちらも傷口に負担がかからず搾乳できますから、自分に合う方を使うと良いでしょう。

搾乳器を使うと、赤ちゃんが飲んだ量が把握できるのも良いところですね。

 

傷が痛い時は搾乳器でしのいで乳首を休ませ、傷が治ったら授乳再開…としているうちに、ママの乳首や赤ちゃんの飲み方が成長していつのまにか問題が解決した!というママも多いようです。

引用:BABYRINA|母乳の保存方法と注意点

 

乳首のケア

赤ちゃんが飲みやすい柔らか乳首をめざして、マッサージをしましょう。

授乳後は乳首を拭いて清潔にし、乾燥が気になる場合はケアクリームなどでお手入れを忘れずに。

乳首に直接触れる下着も、通気性と肌触りが良く締めつけ過ぎない物を選んでくださいね。

引用:母乳育児相談カフェ|成果あり!母乳育児向け乳頭マッサージ

 

赤ちゃんへの対応

すこし歯が生えてきた頃の赤ちゃんがいたずらに乳首を噛むようでしたら、ママが我慢ばかりしていても改善しません。

乳首を噛んで遊ぶとおっぱいがもらえないと分かってもらうため、一旦授乳を中止してみましょう。

根気強く伝えれば理解する赤ちゃんもいますし、噛まないように気を付ける習慣がついてきます。

 

授乳時期の乳首トラブルのまとめ

ママも赤ちゃんも不慣れな授乳ですから、いろんな理由があって乳首トラブルにつながっていたんですね。

そして、薬も対処法も色々あることがお分かりいただけたと思います。

 

やがては終わりを迎える授乳期間ですから、今は、快適な授乳で赤ちゃんとの幸せな時間をたっぷり味わいたいですよね~

上記のことを、1つだけではなく複数組み合わせて、あなたとあなたの赤ちゃんにぴったりの方法をぜひ見つけてみてください♪

↑ 母乳育児のトラブル(関連記事)

 

↑ 産後のおっぱいについて(関連記事)

 

 

-育児
-, ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.