乳腺炎って?断乳時に襲い掛かるあの痛み…要注意!

更新日:

わが子もすくすく育ち、幸せをかみしめる毎日。
私のおっぱいを飲むのもあと少しかと思うとちょっぴり寂しいけど、これからは私が愛情いっぱいのごはんを作ってあげれる!
ずっと我慢していたお酒や揚げ物も解禁!と喜んでいたら…

突然「胸がい、痛い!ん、、しこりもある?あ、あれ、熱も出てる、体がふわふわする。」

どうしていいのかわからないまま途方に暮れていても症状は一向に治まらない。
突然胸にしこりができて、ものすごい痛みが胸を襲い、発熱し、体もだるくなれば、誰だって不安になってしまいます。

その原因はおそらく「乳腺炎」。

 

乳腺炎って何なの?!原因は?

妊娠して、赤ちゃんが生まれてしばらくの間は、産婦人科や市区町村のコミュニティなどで新ママトレーニング講習などが行われます。

結構そこで聞き逃してしまうのが乳腺炎です。

周りのママ友から聞いたこともあるママさんもいるかもしれませんが、実際自分がなると戸惑いますよね。

 

授乳しているママたちの2~3割がかかっているそうです。

乳腺炎の原因は、おっぱいを外へ運ぶ管(乳腺)におっぱいがつまって炎症を起こしてしまうことです。

炎症を起こしてしまうと、胸にしこり胸が硬い熱が出る体がだるいなどの症状が現れます。
授乳中に発症することもあれば、断乳して発症することもあるんです。
なので断乳時はこれまで出していたおっぱいが全部胸の中にたまってしまい、乳腺が炎症を起こしやすくなっちゃうんです。

 

乳腺炎になってしまった…そんな時の対処法は?

乳腺炎にも体質や、前は熱がでなかったけど今回は高熱も出てひどい…などその時によって症状が異なります。

乳腺炎で困っている方への対処法を紹介します。

 

搾る

しこりのある部分を軽く圧迫しながらたまった母乳を外に出しましょう。

 

①まず乳首をつまんで搾り、母乳が出てきやすいように乳腺の出口を開通します。

②しこりや母乳がつまっているところに優しく手を押しあてる。(おっぱいがパンパンに張っている方はこの時点で母乳が出てきます。)

③手を押しあてながら反対の手で乳首を搾ります。

 

断乳や卒乳をしている方は、おっぱい全体をマッサージしたり搾りすぎると、また母乳が作られてしまいますので注意です!

体が温まると母乳の分泌が良くなるので、湯船や胸にシャワーをあてたりするのは避けましょう。

 

授乳する

乳腺炎には赤ちゃんにおっぱいを飲んでもらうのが一番の対処法だそうです。

断乳や卒乳の方は赤ちゃんに飲んでもらえないですよね。

あまりにも痛くてひどい場合は、赤ちゃんやママにもタイミングがあるとおもいますが、断乳や卒乳を中断して飲んでもらうのも良いと思います。

冷やす

おっぱいに熱がある場合は、濡れタオルや冷却ジェルシート(熱覚まし)などで冷やしましょう!
昔の助産婦さんはキャベツの葉っぱを使って冷やしていたみたいです。

病院へ行く

あまりにひどい場合は病院へ行きましょう!

素人の判断で搾ったり、マッサージをすると逆に悪化する事があるので早く治したい方は診察をおすすめします。

 

産婦人科や大きい病院におっぱい外来などあったりします。

初めての方やうまく絞る事が出来ない方は搾ってくれたり、搾り方など教えてくれますよ♡

場合によっては、痛み止めや抗生物質など適切な処方をしてくれます。

 

 

じゃあ、乳腺炎って予防策はあるの?

予防策はあります。当たり前と言えばそうかもしれませんが、もう一度確認してみてください。

教わった基本的なことができていれば、乳腺炎の予防にもなりますよ。

 

授乳のやり方

右だけ、左だけだともう片方のおっぱいに母乳がたまってしまいます。

同じような格好でおっぱいをあげ続けても乳腺の中に母乳がたまりやすくなってしまいます。
なるべく交互にバランスよくおっぱいをあげてください。

 

胸を圧迫しない

きつい下着や洋服を着ていませんか?寝る姿勢、うつぶせになっていませんか?

胸を圧迫すればするほど母乳は乳腺にたまってしまいます。

まだ母乳が出ている時は、授乳専用のブラジャーをつけましょう。

 

食事

油ものや甘いものなどついつい食べてしまいたくなります。
高カロリーなもの食べてエネルギー付けないとママはやっていられませんもんね。
食べすぎはよくないですが、食べないこともストレスになりよくありません。
水分をしっかりとる、ハーブティールイボスティーなど飲むと効果あるようです。

夜泣きに効果絶大!すやねむカモミールを試してみた

目次0.1 すやねむカモミールを飲んだ意外な結果とは?0.2 はぐくみプラスから販売されている人気アイテム1 すやねむカモミールはこんな時にオススメ!効果と効能について1.1 ハーブの香りが抜群2 す ...

続きを見る

しこり

母乳が乳腺にたまると胸が硬くなり、しこりができます。
赤ちゃんにおっぱいをあげるときは必ず両方の胸を確認し、固いほう、しこりがある方のおっぱいをあげてください。

なりやすい

陥没乳首など、人によっては母乳が乳腺にたまりやすい環境になっており、乳腺炎になりやすい傾向があるんです。

1度なったら乳腺炎になりやすいので治ったからと油断せず、しっかり対策をするのをおすすめします。

赤ちゃんがおっぱいを離れるのは少し寂しいけどすくすく育っている証拠。
ママの愛情あるおっぱいを赤ちゃんにたくさん飲んでもらって、赤ちゃんの成長、乳腺炎の予防を目指しましょう。

 

-授乳, 育児
-,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.