赤ちゃんのアトピーの症状と対処法

更新日:

テレビや雑誌で見る赤ちゃんの肌ってツルツル。

でも実際の赤ちゃんの肌は赤くなっていたりガサガサしていたり悩みはつきもの(´;ω;`)

この肌荒れはアトピー?乳児湿疹?赤ちゃんアトピーの症状ってどんなもの?対処法は?

赤ちゃんのアトピーについて知っておきましょう(*^^*)



↑↑ファムズベビー詳細はこちらから

 

アトピーの症状

生まれた時はツルツルに見えた肌も新生児期が終わった1~2ヵ月頃から急に荒れてきたかも?!

多くの赤ちゃんに現れるこの時期の肌荒れは「乳児湿疹」と呼ばれるものです(^^)

ほとんどの赤ちゃんは長くても1歳前後で乳児湿疹が治まります。

 

この乳児湿疹と似ているのが赤ちゃんのアトピー。

症状はとっても似ているので月齢が低いほどアトピーと診断するのは難しいみたい(>_<)

アトピー性皮膚炎は「継続して2ヵ月以上アトピーの症状が出ているとアトピー性皮膚炎」と定義されています。
月齢の低い赤ちゃんでは分かりづらいですが、多くの場合生後半年までにアトピー性皮膚炎の症状が出てきます。

赤ちゃんのアトピーの症状には「肌が赤くなっている」「ニキビのようなジュクジュクとした湿疹がある」「痒みを訴える」「皮膚が分厚くなっている」「肌が乾燥している」等があります。

 

特にひじひざ目の周りなどの曲がる部分のアトピー症状は改善や悪化を繰り返す部位です。

アトピー性皮膚炎は季節によっても左右されます。

夏になると皮膚が蒸れたり汗によって痒みが増え、冬になると乾燥して痒みが増えます。

特にアトピーには冬の乾燥は大敵!一気に悪化する事も(:_;)

 

赤ちゃんのアトピーの対処法

赤ちゃんがアトピーと診断されたら、今まで以上に清潔な肌を保つようにしてあげる事が原則です(#^^#)

体温が急激に上がると余計に痒くなるのでお風呂やシャワーでは今までよりもぬるい温度に下げてあげましょう。

37度ぐらいのお湯が理想とされています。

 

保湿剤をたっぷり塗って乾燥を予防してあげます(^^)v

毎日朝・昼・夜と塗ってあげる習慣をつけましょう。

特にお風呂上りは肌の乾燥スピードも上がるのでたっぷりの保湿剤を早めに塗ってあげましょうね(^_-)-☆

>>>話題の肌トラブルが治るという、赤ちゃんの乳児湿疹やアトピーの方に人気の保湿クリーム!

 

赤い肌が少しマシになったから、ジュクジュクの皮膚が治ってきたから、といって保湿剤を中止するのは絶対NG!

アトピーは毎日続けるケアの積み重ねで症状を抑える事ができています。

良くなったり悪くなったりを繰り返すので一時の改善でケアを怠るとまたすぐに悪化してしまいます。

長い目で毎日ケアし続けてあげるようにしましょう。

 

赤ちゃんの肌荒れが続いているなー、と思う時は迷わず病院へ受診しましょう。

皮膚の状態をしっかりと見てから薬を処方してくれますよ( ^^)

今日、明日で治る症状ではありませんが毎日のケアがとっても大切です(^^)

赤ちゃんの様子を見ながらケアを続けてあげて下さいね♪

-ボディーケア, 美容, 育児, 赤ちゃん向けアイテム
-, , ,

Copyright© ママカツ☆ , 2018 All Rights Reserved.